-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『プロジェクトはC級』/水無月さらら(門地かおり) | main | レンタルBLCD・その後 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『SWEET SAVAGE やさしく殺して』/松岡なつき(奥貫亘)
初・もえぎ文庫の感想でございます。
あの学研から出版されたBLを読む日が来るとは、「〜年の科学」を
愛読していた昔の私には思いもつかないことです…(遠い目)。

でも作品の中身はビブロス出版の「やさしく殺して」に
加筆修正したものなので、オリジナルではないんですよね。
それに独自路線のもえぎ文庫ピュアリーも、創刊の
ラインナップにナンバランを据えてくる時点で、
「お前はこの私にとってのモンキーなんだよォーーッ!!」
(ジョジョが分かる人にだけ分かる超馬鹿にしくさった言葉です)
と、嘲りたくなるもえぎ文庫…生暖かく見守ってやりたいです。

でも、この作品は松岡さんらしく楽しく読めたのでご紹介です。



SWEET SAVAGE―やさしく殺して
SWEETSAVAGE やさしく殺して
学研 松岡なつき著
[BK1] [Amazon]

☆あらすじ
失恋したばかりのトレイスが出会ったのは、澄んだブルーの瞳を持った
美しい男、ロジャー。一目で心を奪われたトレイスは惹かれる心を
止められないが、ロジャーはラスベガスで名を馳せたギャンブラー。
トレイスが求めていたのは、前の男とは全く異なった、
誠実で一途な恋人には程遠かったのだが…

*   *   *   *   *   *

面白い海外もの、特にハーレクイン的海外ものを書く作家は?と
問われたら、私は松岡さんを筆頭にあげます。

松岡さんの作品は、お決まりのハーレクインを見せながらも、
ディテールがしっかりしているんですよね。
綿密な裏づけが出来ていると言ってもいいのかな。

最近、BL界で海外ものの流行としてはアラブものがありましたが、
あれの敗因は、とにかく納得させるディテールが無いことです。

私たち素人(?)がアラブについて思い浮かべることと言えば、
石油、金持ち、一夫多妻制、白い服(ディスターシャ)…
といったところが限界だと思うのですが、
私たちが思いつく程度の要素を話に盛り込まれても、
ただの「非現実的」の記号になってしまうだけです。

もちろん、BLは「非現実的」を大切にしているジャンルですが、
ディテールの無い非現実は「荒唐無稽」なだけだと思うんですよね…。
拉致監禁する攻めがしばしば登場するのもワンパターン、
それに脳みそが非常に足らない人間のようでいただけない。

私たちが想像する中でぼんやりしている分にはかまわないけど、
書き手が明確に描写していないのはつまらないと思います。

そこへいくと、松岡さんの作品は明らかにクオリティが違います。
今回の舞台の、情景が目に浮かぶようなキーウエストの描写は素晴らしい!
(参照:キーウエストの位置に関してはこちら。キーウエストの写真はこちら。)
ついこんなサイトを調べて、妄想をしてしまうくらいでした。

また、ギャンブラーと言うロジャーの職業と、キーウエストで開催される
「キーウエスト・ポーカー・ラン」というイベントの組み合わせも、
全く不自然さを感じさせず、実に上手く作用しています。

そして外国人にありがちな強引さはありつつも、ただ「好きだ」を
免罪符にして突っ走るわけではなく、戸惑い、冷静に判断し、
ギャンブラーとしての誇りに賭けて勝負する。
この、人間として当たり前なんだけど、まともに思考する
外国人の強引攻めってあんまり見られないと思うんですよね…。

ポーカーのギャンブラーという設定も、ロジャーの冷静さに
信憑性を持たせており、総じて舞台演出はとても素敵でした。


ただ、マイナスの点としては…
ロジャーに関しては、もう少しポーカーのシーンが欲しかったかな。
リーマンものでいう「お仕事シーン」なので…。
トレイスに関しては…いい人過ぎる気がするってぐらいでしょうか。
まあ、かなり不幸な人生を送っているので、
それぐらいは許せる範囲内だと思います。(何様だよ)


加筆修正したとはいえ、古さは感じさせない良作でした。
アメリカンハーレクインを読みたいとき、
もえぎ文庫デビューしたいときには、ぜひどうぞ。
| [BL・小説]松岡なつき | 20:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |