-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レンタルBLCD・その後 | main | 『黒い愛情』/秀香穂里(奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『惚れたら危険』『惚れたら最期』/剛しいら(稲荷家房之助)
先日、オヤジは何歳から?というアンケートをいたしましたところ、
オヤジの平均値は『40代前半』との結果が出ました。

その結果には私も概ね正しいと同意できるのですが、
やっぱり人間、個体差というものがありますね。
なぜなら、この作品に登場する攻めは、若干32〜33才にして
じゅうっぶんオヤジくさかったからです。

JOA(日本オヤジスキー協会)会員として、太鼓判を押します。
この作品は、年齢によらず、オヤジ本です!
そんな素敵なオヤジ本をご紹介です。



惚れたら最期   惚れたら危険
剛しいら ビブロス
(2003.11)    (2005.1)
[Amazon]    [Amazon]

☆あらすじ(惚れたら最期)
憧れの上司、二階堂忠明(にかいどうただあき)の名誉のために、
囮捜査に乗り出した麻薬取締官の堂元新(どうもと・あらた)。
二階堂は、危険な業務につく新を、何があっても護り抜くと誓う。
しかし新は、二階堂の「上司として」の優しさだけでは
我慢できなくなってしまい、体当たりで想いをぶつけるが…

*   *   *   *   *   *

BLでマトリものと言えば『エス』が代表格だと思いますが、
剛さんも書いていらしたんですね。知らなかった。

さて、こちらのマトリはエスほど緊迫感はありません。
本人があとがきで「やはり楽しい部分を大切にしたい」と
仰っているくらいですので、暗い部分は書かれていません。

そのかわり、ラブラブっぷりはうっとおしいぐらいにとてもあります。
なんてったって新がしかける最初の作戦が「肉じゃが」ですから。
いまどきこんな作戦で成功することは無いと思うのですが、
包丁も握ったことの無いような男がやると結構いけてますね。
(男は手料理と言うものに弱いのです。皆さん、餌付けは大事!)

かように恋に悩んでは何かをしでかす新を受け止めてくれるのが、
若いのにかなりオヤジな雰囲気の二階堂その人です。

新が「男性機能にはヒジキ(海藻類)に含まれるセレニウムがよい」と
聞いて大量に作った(正しくは戻しすぎて作ってしまった)ヒジキを
食べながら、二階堂ぼそっと曰く、

「私にセレニウムを摂らせる必要を、シンが感じているということか…」
気にしてる!気にしてるよ、このオヤジ!

亦、二階堂その後のH中に曰く、

「焦らしてしまったか。男性機能に不自由しててね」
超いじけてる!すねてる!しかもねちっこい!

…このように、とても愛おしきオヤジなのです!
この可愛さが理解できれば貴方も立派なオヤジスキー。

こんなに可愛い一面を持ちながらも、マトリとしての二階堂は、
とても頼れる冷静沈着な指揮官であり、男としても部下としても
新が惚れてしまうのもよくわかります…いいなあ、こんな上司。
稲荷家さんの絵のスーツがびしっと似合っているのも素敵です。

ちょっとライトな感じが強いかもしれませんが、
剛さんらしく仕事の面でもリアリティを感じさせますし、
裸エプロンなどコメディ要素も盛り込まれており、楽しめると思います。

特にオヤジスキーならこの2冊はオススメです。
『惚れたら危険』には二階堂にそっくりな二階堂父、
しかも頑固父が出てきますから!こちらもいいオヤジです。

絶版ですが、見かけたら手にとって見てくださいね〜。

P.S.
『惚れたら最期』のラストには、裸ネクタイ姿の二階堂のラフイラストありw
| [BL・小説]剛しいら | 21:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |