-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『惚れたら危険』『惚れたら最期』/剛しいら(稲荷家房之助) | main | 三人の可能性 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『黒い愛情』/秀香穂里(奈良千春)
エダさんに続き、私の好きな作家の一人、秀さんが
奈良さんと組みました…しかも、ラヴァーズ。
これでどうなるか、というのは目に見えていました。

でも、あえて言いましょう。…エロい。

表紙からしてエロ大爆発のメガンテなんですよね。
はだけた上に透けたワイシャツのみ+手錠+鎖の受け、
透けワイシャツ+鬼畜そうなメガネ攻めに、
バックにはカルテと速水社長も白目の紫のバラ。
店頭で買うにはハードルが高い…店頭で買ったけどね!

今日は半分ぐらい秀さんのエロ描写話になると思います。
それでもよければ以下へどうぞ。



黒い愛情
黒い愛情
秀香穂里著 竹書房 (2007.3)
[Amazon]

☆あらすじ
精神科医の伏見智紀(ふしみともき)は「性欲」が認められずにいた。
しかし、そんな感情を、瀬戸という昔からの友人に襲われかけたのを
きっかけにして、同僚の加藤に見抜かれてしまう。
だが、優秀な加藤がとった行動は、彼を癒していくことではなく、
その鋭く巧みな話術で伏見を追い込んでゆくことだった…

*   *   *   *   *   *

カウンセラーものはそれなりにBL界に出回っていますが、
攻め受けの両方ともがカウンセラーなのは初見でした。
カウンセラーの醍醐味は治療する相手が居てこそナンボ、でしょうか?

その法則が当てはまっているのか、この作品の場合は、
お互いがお互いを純な形ではないにしろ、支えあう形になっています。
ちょっとお互いにどこか病んじゃってるものですから、
歪んだ形、つまり共依存的な形になってしまっています。

でも、カウンセラーも人間、多かれ少なかれ何かしら
心の闇を抱えているのだからそんな形もありかと思います。

よくよく思い返すと、私が心理学をちょっとかじっていたときも、
「人を癒したい」、「心理メカニズムを知りたい」という
気持ちを抱いて勉強している人がいるかたわらで、
「学ぶことで自分の(病んだ)心理を整理したい」と
考えて勉強している人もなかには居ましたから。
……私も完全に後者の心理で勉強した口ですけれども。
(え、役に立ったか?人の心理なんて人それぞれだ、ということは
よく分かりましたので開き直ることにしました(笑))

ちょっと話が逸れましたが、そんなわけでこの設定には
全く違和感があるとは思いませんでしたし、人によっては
共依存のような関係で終わるのにモヤモヤするかもしれませんが、
私としてはむしろ「いえーいトラウマ克服!ハッピーエンド!」と
いう安易な終わり方をしないでくれてよかったと思います。

人間の心の闇なんてそんなに簡単に消えませんよね。
きっとラストシーンのようにゆったりとした時間を重ねて、
ようやく「受け止められる」ようになるのではないかと…。

結構鬼畜な始まり方だったのに、ラストはほのぼのチックで、
二人の今までとこれからの人生を暗示しているかのようでした。
この最後の素敵イラストを口絵にして欲しかったなあ…。


まあ、話についてはそんなところで、エロ話をば(笑)

何がエロいって、やっぱり秀さんお得意のSMシーンですかね〜。
私自身はSMには興味ないんですけれど、辱められている伏見と、
嫌いになれないぎりぎりのラインで辱める加藤を見ていると
なぜだかぐっと訴えてくるものがあるんですよね…。
私が好きなSMは秀さんとひちわさんぐらいかもしれない。
肉体的な痛みはほとんどないから見ていて痛々しくないし、
言葉責めと快楽で相手を貶めるSMが好きな人にはオススメです。

そして私が秀さんのエロ描写で秀逸と考えている、
攻めの下の毛に関する描写の濃さと、○○○シーンなのですが、
この2つも余すところなく描かれていて、とても満足です。
特に○○○シーンは○射(奈良絵つき!)もあってエロス満点です。

奈良絵、秀描写、ラヴァーズ…私のエロスツボに三点攻めでした。
エロばっか言っててすみません、でも秀さんのエロ、好きなんです!
こんれらいっそ朝チュンでも自分で補うから良いよ…って作家より、
絶対にポイント高い。BLの重要なポイントのひとつだと思います。


惜しむらく、マイナスの点としては楽しみだった
ワーキングシーンが若干弱いところでしょうか…。
まあ、カウンセラーという仕事は動的な仕事ではないし、
心理の仕事は上手く知識を織り込んでも理解しがたい部分が
あるから、動きに欠けてるからしょうがないかもですね。


久しぶりに秀さんの作品でお気に入りの域に入る作品です。
エロ濃い目のものが読みたいときにはオススメです。
| [BL・小説]秀香穂里 | 20:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:54 | - | - |