-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三人の可能性 | main | 4月1週目の醍醐味 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『この欲望的な手の早さ』/ミズノ 内木
こちらは今日買ってきた50冊の中の1冊です。
嘘です、22冊の中の1冊です。それでも多いっつうのね。

別にそんなに大量に買う予定は無かったのですが、
もうプレイしないゲームを売ったら案外良い値段になって、
にわかお大尽気分で本屋・古本屋に行っちゃって、
そこに他所様のブログで褒めてあった作品を
感知してしまったりすると、つい次々と手がね…。
気づいたとき(レジのとき)には売った金額を超えていました。

…「この(BLへの)絶望的な手の早さ」に絶望です。
さて、うまく(?)だじゃれたところで感想へ‥



この欲望的な手の早さ
この欲望的な手の早さ
ミズノ内木 オークラ出版(2007.3)
[BK1] [Amazon]

短編集なので少しずつ感想をば。

・『オーバープルーフ』、『この欲望的な手の早さ』
表紙のパティシエ×仮採用のウェイターのお話。
からかったり、優しくなったりところころ変わりまくる
パティシエに振り回されるウェイターのお話です…って、
オークラなのにHシーンが無い!路線変更!?と
思っていたら、初出が今は無きBasiLでした。
変わりまくるのは態度だけでなくて、テンポも緩急があって
めまぐるしいのですが、なんだか独特のリズムがあります。
会話を楽しませるテンポに恵まれていると思いました。
でもヒゲが突如無くなっている箇所は修正して欲しかった…。

・『それでは良い休日を』『〃2』
バラエティ放送作家×ドキュメンタリー系の放送作家のお話。
かるーい気持ちで攻めが放送局内でナンパした相手が、
憧憬を抱いていた放送作家で、でも実は受けも
攻めに強い憧れを持っていた、というお話。
「オヤジってなんだ!オヤジ思ってたのは俺のほうだっつの」
このセリフになんだか笑ってしまいました。
本当に両方オヤジだったら激萌えですけどね!(そういう問題じゃない)

公表されないし、誰も興味を抱かない「放送作家の年齢」なんて
マニアックな題材を上手く取り扱った作品ですね〜。
ブログや小説ならできなくもないですけれど、
番組から年齢を推定するなんて出来ないですもんね…。
最期に攻めがハダカでパソコン打ってるシーンに笑いました。

・『まいにち、毎日』『〃2』
私立一貫校のゴルフ部先輩×後輩。2度目の留年をしそうな先輩を、
同学年の後輩がなんとか勉強を教えようとするお話。
なんか…凄くバカっぽいところが高校生らしくて良い(笑)
ほんとお年頃の男子が集まるとシモの話しかしないもん。
まあ、一部の人は大人になってもしてますけどね…。
絵的な攻め受けと実際の攻め受けが逆で不思議な感じでした。

・『君に恋うこの罪を』『〃2』
主従の関係だけれど幼馴染だった、という大正?時代のお話。
これだけぽつーんと時代物で違和感がありました。
お話も特に惹かれるところは無かったのですが、
受けをオ○ペットにして自慰していたのを見られていたと
知った攻めが『腹を切ってお詫び…』に笑いました。
結局この二人ってHまで行けるのかしらん…。

・『熱速パンチ』
ケガをした友人の家に見舞ったときにエロビをもって行ったら、
なんとなく興に乗っちゃってHしまくりになだれ込むお話。
うん、ようやくオークラらしいお話でした。(褒めてる)
ゲイビデオ的展開とタイトルですけれど、ちゃんと愛を感じるのでOK。
ここまで読んだ時点ではエロ薄めなのかな、と思っていたのですが、
エロ路線もしっかり描けるんですね。…素敵!
初々しかった攻めがエロ魔人になっていくのが良い(笑)
この1冊の過程を示すような男でした…計算かな?

☆総合
どっちかというと男らしい絵の中にもちゃんとラブがあって、
新人さんの短編集としては満足でした〜。
もうちょっと絵が安定すれば非常に好みになりそうです。
次の作品も楽しみにしています!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - |