-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年の倒産は | main | 『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏(佐々木久美子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長髪受け三連発
意識していたわけではないのですが、積読と新刊の中から
選んだ本たちが偶然「長髪受け」と重なりました。

私はあまり男性の長髪というものが好きではありません。
リアルで髪を伸ばしている男性を見ると、似合わない限りは
後ろからはさみでざっくりとぶった切りたいくらいです。

なのでBLでも不自然でない設定がないと長髪が出てくる作品は
比較的読まないのですが、今回は読んだ本が全て違う設定、
かつ特殊な設定で、なかなか楽しめました。

以下3冊まとめてどうぞ〜。



1・妓楼の戀水(ぎろうのこいみず)
妓楼の戀水
橘紅緒 大洋図書 (2007.3)
[Amazon]

タイトル読めないっちゅうねん!
失礼、作品にあわせて関西弁になってしまいました。

舞台は廓のお話にしてはたいへん珍しく大阪です。
廓で暮らす節(みさお)は男ながら遊女顔負けの美しい容姿なのですが、
恋なんてものは廓の中で育った身では儚いものと思っていました。
が、ある日、遊郭初心者の財閥の御曹司と出会った節は
今までに知らなかった感情にとらわれることになる、というお話。

表紙では遊女そのものなのですが、実は遊女ではなく、
あくまで廓の中で働いているというだけであって、
この設定がありがちな遊廓ものとは違います。

よって、橘さんらしい、感情の面で揺れ動く作品となります。
いつもどおり、文が独特で、けれど温度が低い物語でして、
時代物でも今までの現代ものでも、特に変わりはないのが
嬉しいような、寂しいような…。雰囲気は凄く良かったのに、
人物の描写がちと薄めでもったいなかったです。

この続編を書かれる予定があるそうですが、誰メインで書くんだろう?


2・神官は王を狂わせる
神官は王を狂わせる
吉田珠姫 海王社(2007.4)
[Amazon]

こちらの作品(感想に飛びます)の続刊です。
王様の羅剛(らごう)と神官の冴紗(さしゃ)が結ばれて
イチャイチャパラダイスになった二人ですが、冴紗を奪おうとする
隣国がまとめて襲ってきて離れ離れになってしまうお話です。

あいかわらず、吉田作品は笑わせてくれました。
特に王のハイテンションぶりは前作を上回っているほどで、
彼のセリフの中の「!」と「?」の数は数え切れません。

ストーリーは、まあ、どうでもよい(失礼)のですが、
この作品の素晴らしいところは、ずっと攻め視線なのです。
前巻は冴紗の視点のため、冴紗の飛びっぷりがよく分かったのですが、
今回は王の脳内の変態どピンクぶりが理解できて、
ファンにはたまらない1冊となっております。

攻め視点だけで進むBLは珍しいので読む価値があるかも。
そして、あとがきも前巻と同じく、大変面白かったです。
あとがきも金額のうちなんだから面白いほうが嬉しい。
(あとがきが面白いNo.1は西田東さんだと思いますが)

3・姫君の輿入れ
姫君の輿入れ
和泉桂 大洋図書(2005.12)
[Amazon]

最後はまた時代ものです。左大臣の一の姫・挟霧(さぎり)は、
容姿美しく利発な姫でしたが誰にも知られていけない秘密がありました。
それは、実は男子であることです。そんな折、光る源氏とも称される、
遊び人であり政敵でもある宰相の中奨・実親(さねちか)に
懸想されて、押し倒されてばれちゃうお話。

意外と男が押し倒しちゃう話は平安時代にはあったようですね。
男女平等もくそもない時代だったんだなあ…。
まあ、いまと恋の定義も違うのでしょうけど。

しかし、そこにBL理論をつっこむと、あら不思議、
少年の悩みと解放という図式が出来上がります。
そんなに都合よく行くか!と突っ込みたいところですが、
少女のままにしておこうとはしない攻めにはとても好感がもてました。
BLというより、Juneのテーマっぽいかしらん…?

和歌を上手く取り入れたり、言葉の応酬が機知を含んでいて、
雰囲気は良く、トンデモな設定の割に違和感なく読めました。
和泉桂さん、初めて読みましたが面白かったです。
他のも読んでみようっと…。


それぞれ面白いと思える点は異なりますが、
楽しんだ順番で言えば 神官>姫君>妓楼 かな。
『神官〜』は笑いたいときには前巻とあわせてオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |