-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月1週目の醍醐味 | main | 『フェイス・オフ』/小川いら(北畠あけ乃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
体毛アンケートの結果、と雑感
相当ニッチなアンケートなので300ぐらい行けばいいかな、と
考えていたこのアンケート、髪の毛・眉毛を基準にして、
520もの回答を頂きました…大仰天です。
本当にご参加頂き、ありがとうございました!

結果
さて…結果ページには左上の赤字から飛べるのですが、複数回答のために
各々の回答のパーセンテージが分かりづらいので、計算してみました。
髪の毛・眉毛の投票数を基準(100%)として算出するとこうなります。
(4/02計算。これ以降は数に入れません。)


各回答票数許容率許容率順
髪の毛・眉毛520100
下の毛49394.81
ヒゲ44986.32
腕毛22743.65
スネ毛32863.13
わき毛29957.54
ギャランドゥ20339.06
胸毛17633.87
お尻の毛49318.58
描写されたことの無い毛8516.39


本当は統計上の計算をしなきゃ統計的に正しいデータとは
いえないんでしょうけど…パスさせて頂きます。
相関係数は余裕がある方のみ求めてみてください(笑)

さて、以上の結果を踏まえて雑感に移りますが、
長くなるのでいったん切りますね。



☆コメントから、体毛の許容範囲について考えてみるに
書きたいことの多くはコメント欄にほとんど書かれて
しまいましたので、引用しつつ話を進めます。

まず、あくまでアンケートは「許せる範囲」なので、好きかどうかは
わかりませんけれど、意外に受け入れられてるんですよね。
こんなに多くの人が体毛を許容できていということは、
いわゆる「美少年や少年愛を扱うジャンル」の定義を
既にBLは越えているという証拠かな、と感じました。

ただ…

・受と攻、まんがと小説で許せる範囲が違う気がします。(チャキさん)

と言う差は、歴然として存在するようです。
まあ、BLの受け攻めの役割からして、そして、小説とマンガの
表現方法の差からして、この差はなくならないかも…
私も今一度考えてみたら差がありましたし。それに加えて、

・今回のアンケートで、漫画家さんの場合は許容範囲が
絵柄にもよると気がつきました。(Fさん)


そう、作家による許容も存在しているようです。
内田さんの体毛なんてまごうことなき愛を感じますものね。
(えっ、内田さんの作品を読んだことが無い?ぜひ読んでから、再度
このアンケートと向き合ってみましょう。何かが変わっているはず)
さらに付け加えるならば、

・清潔感があれば大丈夫なんですけど…いかにも不精を通り過ぎて
だらしないって風なのは、ご勘弁戴きたくて…(香さん)

・あらゆる毛が生えていても、対象キャラの容貌によって
だいぶ印象が違う気がします!(ヨさん)


マンガの場合は絵柄とも関連してきますが、やはりキャラの個人差にも
よるところが大きいんですね。(受け攻めとも関連があるか…)

以上のように、体毛と言うちょっとキワモノな問いの中で、
こんなに常識的な結論になるとは思いませんでしたが、
テーマがなんであれ、意外と総意は常識的なのものなかも…。

…と、まとめたのですが、やはり中にはこんな方々も。

・毛好きが行きすぎて、生えてない自分を恥ずかしがる
描写にときめく今日この頃です。(夏野さん)

・最近は毛の描写がないと動揺します。(棗さん)

・どこまででもOKです。(puriさん)


という、もう好きでたまらない人から、

・他(恐らく浅めですよね?)は無理です!
めっちゃ萎えます><;(ハルさん)

・気にならないだけで、萌えるかというと話は別なの〜。(くろみみさん)


など、ここまでくると、正直まとめられません(笑)
何でもOKになる方と、逆にシビアになる方と、
両極端なのはなぜなんでしょうかね?
どちらにしろ「仮想の世界だから」なんでしょうけど…
まあ、萌えは十人十色、人の数だけあるから面白いんでしょうね。

体毛好きも苦手さんも受け入れられる、懐の広いジャンル、BL。
外から見れば所詮BLとひとくくりにされてしまうジャンルでも、
体毛の描写ひとつにこれだけ幅のある好みと考えを持っている、
素晴らしいことですね!(かなり強引なまとめ方…)

たいへん興味深い結果が得られて楽しかったです。
皆様、まことにご協力、ありがとうございました!

☆個人的な雑感
実は、設問を設定する際に、許容率が高くなるであろう項目から
上に並べたのですが、1つだけ例外がありました。
そう、腕毛です。ギャランドゥと4.6%しか変わらないんですよ?
こんなに低いとは思いもしませんでした…好きなのに。
でも、良く考えてみたら、スネ毛の描写はあっても腕毛の描写が
(特に小説で)描かれていることは少ないですよね…。
くっ、悔しい。

あと、せめて受けと攻めは分けてやるべきでしたね…。反省。
もし次にアンケートをすることがあれば生かしたいと思います。
(次はなんだろうなあ…濃いのがいいなあ…)
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2007年 | 21:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |