-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 体毛アンケートの結果、と雑感 | main | 今年の倒産は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『フェイス・オフ』/小川いら(北畠あけ乃)
カラーがいまいちつかめない作家さんが各個人でいると
思うのですが、私の場合、小川いらさんがその一人です。

BLにはレーベルと言う作風を大きく変化させるバイアスが
あるとはいえ、それでも本質は変わらないはず…なのですが。

アクアノベルス『恋心』でじんわりさせたかと思うと、
花丸文庫『極東プリンス』で(悪いほうに)白目の状態にさせ、
ルチル文庫『獅子座の男』では底知れぬ面白さを感じさせたという、
なんとも全体像をつかみづらい方なのです。

で、今日の作品は花丸なのでよりおそるおそる買ってみたところ…



フェイス・オフ
フェイス・オフ 
小川いら 白泉社 (2007/03)
[Amazon] 
(今回からBK1のアフィリエイト終了に備え、アマゾンのみになりました。)

☆あらすじ
人間嫌いのため他人をよせつけないシビアな皮肉屋、
地質学教室のアイスドールこと院生の伊月倖弥(いづき・ゆきや)は、
まだ高校生ながらも優秀なアイスホッケー選手として大学の練習に
参加していた奥田篤大(おくだ・あつひろ)に一目惚れされる。
持ち前の明るさと体力と打たれ強さで果敢にアタックする篤大だが…?

*   *   *   *   *   *

年下ワンコ好きの私としてはかなり良かったです。汚名返上、花丸!
(あらすじの「アイスドール」が古すぎるけど)

飴菓子(英訳してね)の歌、「とし○たのおとこのこ」を
髣髴とさせるくらいに徹底して書いてあります。

非常にシャイで、篤大が告白のときに赤面してどもるが非常に可愛い!
けれど言うことはなまいきで、どもっていても単語は「キ、キスさせて下さい」。
で、結局倖弥はそんな無神経なまでに慕ってくる篤大を
ちょっとにくらしいけど好きになってしまうのですね。
ほら、ボーイズエルオーブイイー…になるではないですか!
歌が分からないと意味分からないですね。まあいいか。

そしてワンコらしく、はっきり聞かせてと迫る必要もなく、
うっとうしいくらいに押し出してくるんですよ…。
同様に、こちらも年下ワンコの典型なのですが、
篤大は拒否されることでかなりアブナイ奴になります。
はっきり言って犯罪だけれど、これが全てをかけてくる年下の…、
若さというか、パワーの根源を見せ付けられた気がします。

若さという重さに対する年上の恐怖といい、「若さ」と
いうことに対して凄くよく書けているなあ、と思いました。
年下攻めの萌えツボを丁寧に押さえた作品です。

あ、若さといえばHシーンにおいても素晴らしかった。
倖弥の後ろから白濁がたれてくるシーンがあるのですが、
「ああ、中出し…」と先を読んだ私の斜め上を行く理由があって、
その結果、中出しのような状態になっていたのでした。
中出し描写は危険なのでBLとはいえあまり好きではないのですが、
これならもう納得するしかないかな…
なぜか「うまい!」と感動したのはこのシーンでした。


とまあ、若さあふるる話だったわけなのですが、
若さに華を添えるのがそう、オヤジですよ、オヤジ。
あらすじには書いておりませんが、倖弥には
セックスフレンドとして何年も付き合っている男が居ます。
それが、四十路なのに絶倫でステータスは教授…素敵!
何気なく大人の駆け引きをしているふりをして、実は倖弥の成長を
楽しみにしていた…、そして倖弥にほの暗い情熱を持ちながらも、
ワルになりきれてないこの哀愁……ぐはっ、可愛い!
もし続編があるなら、篤大のホッケーの先輩小野寺×教授で
「この私が2回りも年下の男に…(妄想)」なんてことになったら素敵すぎる。


小川いら、いろんな意味で目が離せない作家です。
年下攻めがお好きなら、ぜひどうぞ。
| [BL・小説]小川いら | 22:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |