-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『秘密』/木原音瀬(茶屋町勝呂) | main | 『覚悟をきめろ!』/いおかいつき(石原理)【60万企画・2】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『50/50-フィフティ・フィフティ-』/池戸裕子(紺野けい子)【60万企画・1】
風邪と毎日の朝帰り(残業で)のために更新してませんでした。
すみません…ごほごほ。

さて、60万hit企画、題して、「リーフ&アイノベルス哀悼企画」です。

日頃「葉っぱノベルスは〜」と蔑みがちだった私ですが、
それでもやはり好きな本はごく稀にあったりするもので、
ある意味自由度の高いものを生んだ功績は称えるべきかと。
(なくなった後でないと褒める気にならないってのは
どうかと思いますが…死んだ人のことは悪く言えない)

おそらく3回(3冊)ぐらいになると思いますが…、
暇つぶしにお付き合いくださいませ。

1回目の今日は『50/50-フィフティ・フィフティ-』です。




『50/50-フィフティ・フィフティ-』/池戸裕子
リーフ出版 (2005/6)
[Amazon]



あらすじ
高校時代に出会った美貌の同級生・吉祥(きっしょう)。
満たされない飢えを抱いていた司馬(しば)にとって、
彼は唯一それを忘れさせる『特別』な存在だった。
だが突然、吉祥が司馬の前から姿を消し、10年経ったある日、
極道の若きエリートとなった司馬の前に、吉祥が再び姿を現すが…。

*   *   *   *   *   *

ライトでポップ。
それが私のもつ池戸さんに対する印象であって、
どーせ葉っぱだけにヤクザと言っても受けが振り回されて、
もう大変ッ!でも好きだからついてっちゃう!みたいな
お話だと思っていたのですが、殴りあいのシーンが
やけに多い、ヴァイオレンスなお話なのです。

もともと二人が近しい仲になったのも、
ストリートファイトという徹底振り。
胸の内に拳でしかわかりあえない何かを抱えている
二人だったからなんですけれどね…。
ヤクザ向きといえばヤクザ向きですが。

しかしBLには向かない性格であり、災いとなって、
気持ちを違え、離れてしまうことになります。
しかも10年も。小競り合いがスキンシップなんて二人、
どう見たってラブラブにしか見えないんですけど!

拳を交える前に言葉を交わせ、と突っ込みたくなるのですが、
この二人にそれを期待しちゃいけません。

なぜなら、今までそんな気持ちになったことの無い鈍い司馬と、
超ツンデレで恋愛に臆病な吉祥ですからね…、
結びつくものも結びつかないわけです。
もうほんとにこいつら乱暴者のくせにいじましいと言うか、
その二面性がとんでもなく可愛く思えてしまいます。

特に吉祥は可愛い。私が受けを可愛いと言うのは
珍しいことですが、ほんとに可愛い。
だって、190センチを越す大男の美形が、司馬のそばに
居たいだけなのに、素直に言えないからって
「お前の犬でいい」なんて言うんですよ!
腕っ節強いのに、デンジャラスなのに、いじらしい…、
このギャップが萌えますね〜。か弱い美少年が
こんなこと言ったって面白くも萌えもないもの。

攻めの司馬も吉祥のやることなすことに振り回されてるのが
なんだか可愛いんですよね…厳ついのに。いいなあこのコンビ。
190cm級の男二人がいちゃついてる姿…腐腐。

紺野さんの描く男らしい男も、エロシーンも素敵で文句なしですし、
頭の中で描くのが難しくない程度にヤクザの抗争もあり、
ヤクザものとしても及第点だと思います。

もし古本で見つけたらお手にとってみては。

P.S.
司馬(シヴァ)と吉祥(吉祥天)…この名前も印象に残る、
面白いエピソードでした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 01:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:17 | - | - |