-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長髪受け三連発 | main | シチュエーションクイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏(佐々木久美子)
ドア=心理学的には、解放や抑圧という解釈があるようです。

それが正しいかどうかは知りませんが、私はその解釈に
納得できますし、その意味合いに近いニュアンスで
使われていることが多いですよね。

月村奎さんの『もうひとつのドア』なんてその典型ですが、
この作品もその系列のニュアンスでした。

…そして、凄く良い小説でした。
ドアってつけると良い作品になるのでしょうか?(笑)
ユギさんのドアシリーズもいいもんなあ。

以下、感想です。




鳩村衣杏 二見書房 (2007/03)
[Amazon]

☆あらすじ
大学の社会人向け講座で講師を務める甲田(こうだ)は、遊び人ながら、
生徒のひとりである頼久(よりひさ)に一目惚れし二人は恋人同士となる。
トントン拍子に同居生活が始まると甲田に全てを尽くしてくれ、
甲田の別れたはずのセックスフレンドが家に乗り込んでくるも
焦りまくる甲田に頼久は怒らないどころか、浮気さえ容認する頼久。
頼久の気持ちが良く分からない甲田は、次第に違和感を感じるように…。

*   *   *   *   *   *

「良妻賢母」を恋人にしてしまったオヤジのコメディです。
しかし、このコメディは腹の底から笑うコメディではなく、
育児、子離れというテーマをメインにした作品だと思います。

弟妹をひとりで育ててきた頼久は、自分を抑圧することで、
他人に奉仕することで自分の立ち位置を確立していたため、
弟妹が離れたあとにその役割を甲田との関係に求めてしまい、
恋愛=対等の存在としての関係が作れないでいました。

頼久に悪気は無いのです。ある罪悪感により「育てなければ」という
気持ちに縛られていたとはいえ、彼の愛情はとても深く並々ではない。
その深い愛情を傾けてきた対象を失う不安から、
甲田に無償の愛を与えることを求めるのは…とても自然なのです。
(子を育て終えた夫婦がペットを飼うようなものか)

けれど、その対象は猫でも犬でもなく、人間の甲田。
そこに甲田が違和感を感じ、もどかしい気持ちを抱いて
恋人の関係にしようと焦り、努力し、苦悩し、
頼久は甲田に求められることで解放のきっかけにする。
大人になってしまったからこそ不器用になる恋の形を、
薄いコメディの膜で包んだ、優しく切ない作品です。

このテーマが面白いと感じるのは、母がメインかも…。
頼久に近い立場=母親であること、子離れ、そして、
新しいステージに出発する物語ですからね。

妹の結婚式、兄の頼久に「自由になって」というシーンでは
恥ずかしながら泣いてしまいました…ナイスな女性キャラです。


…などなど、マジメに楽しめるところもあれば、
プレイボーイだったオヤジが貞淑な妻にメロメロなのに
嫉妬してもらえなくてヘタレたり、嫉妬してもらったはいいが
妻の逆襲にたじたじになったり…というオヤジを愛でる
コメディとしてもとても楽しめる作品でございます。

大人らしく機知に富んだ会話、佐々木さんの心なしか気合の入った挿絵…、
オススメしない理由がどこにあろうか、いや無い。
今年のベスト入り候補です!
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |