-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『契約不履行』/義月粧子(雪舟薫) | main | 『のはらのはらの』/雁須磨子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
こんなゲイはBLにはいない
先日、久しぶりに会ったゲイの友人と昼食をとりました。

女性の友人が集まると話が途絶えないのと同様に、
近況の話から始まって買い物の話、男の話…と
ご飯を食べる間に口が一瞬たりともふさがらない。
気づいたらウン時間以上ぶっ通しで食べながら話してました。
ノンケの男同士ってこんなに喋んないですよね…。

その友人と話題に上った中で、面白かった議論は『ゲイと感じる経験則』。

友人H(以下H)「お仲間と出会うときってなんとなく分かるわよねえ〜」
aya-me(以下a)「こいつゲイだわ!と思う瞬間あるわよね」
(Hと喋るときはつられてオネエ言葉で喋ってしまう私)
H「この前さ、下の階のオフィスの○○君て子がゲイだと思ったわよ」
a「どんなところが?」
H「腰つき?なんていうか、腰をわずかに振りながら歩いてんのよ」
a「あ、わかる。階段上るときに手すりを撫でて歩いたりね」
H「そうなの。おまけに男とすれ違うとき振り返んのよ!」
a「アタシ達もそうだけど、カップルでも男しか目に入らないものね」
H「そうそう。カップルの男を先に見る男はガチでゲイね。
 で、そのあとチラッと女を見て、うわ、つりあわない、
 別れちまいなこの○○○!とか思うのよね」
a「ひどいわ、同意見だけど。小指立ててグラス持つ男はどうかしら?」
H「オネエ系の男に多いわよねー。アンタとか」
a「ま、失礼な。俺は表向きは超仕事のできるリーマンだぜ?」
H「そうだな、俺もだ。…って俺だって、ヤダー!(笑)」

……最後のほうはずれてますけど、まあ、細かいところで
お仲間の人はなんとなく分かるものなのですよね。

手すりや小指は意識してカバーできるところなのですが、
カップルの男しか見ないのは本能的なので絶対だと思う。
私もメタモルフォーゼしてるはずなのですが…、
つい視線は男に向かってしまうものです。
(私の場合は仲の良さそうな男たちを見て妄想するって
腐属性もあるからなおのことなんですけれどね!)

攻めも受けも最近はノンケでない場合も増えましたが、
太字のような特徴のあるゲイ(結構多い)は、BLにおいては
バーのママ以外には出てくる確率がほぼ0%ですよね。
実際には結構おデブ&オネエ率もそれ相応にいるのですが…。

まあ、オネエ攻めはあまりBLに居てほしくはないですが、
BLって腐れの美意識に支えられたファンタジーだな…と
お仲間と居ると改めて感じてしまった日曜でした。
おお、珍しくゲイチックな記事でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |