-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『幻月楼奇譚』/今市子 | main | (Juraさん+夏埜さんからの指名バトン)×ネコバトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『しじまの夜に浮かぶ月』/崎谷はるひ(おおや和美)
「崎谷はるひ、5ヶ月連続刊行!」のラストを飾るはこの作品です。

ルビーから出た5ヶ月間の新刊をすべて読んでる私も私ですが、
5ヶ月連続で刊行するアンタはすごい!と思っていたら、
あとがきに書かれていましたのですが、他社のと合わせると
「7ヶ月連続10冊」だったんですって…。

崎谷さんの作品は好き嫌いはあれど平均点は超えてるので、
よくこれだけ書いて擦り切れないなあと感心いたしました。

では、5ヶ月刊行軍の中で一番好みだったこちらの感想をば。




しじまの海に浮かぶ月
崎谷はるひ
角川書店 (2007/03)
[Amazon]

あらすじ
在宅プログラマー・朝倉薙(あさくらなぎ)は、ずっと片思いを
してきた友人・山下の頼みで臨時で仕事を引き受けた。
その仕事のために仮住まいとして引っ越したマンションの隣人、
大の親日家で金髪碧眼の美丈夫・ケネスと知り合う。
非常に優しいケネスはゲイで、真っ向から口説かれるのだが…

*   *   *   *   *   *

片思いをしている…なんて書くと純情なおぼっちゃまかと
思いがちな崎谷作品ですが、今回はかなり今までに
自暴自棄に生きてきた男が主人公です。彼の遍歴は凄いですよ!

・複数人に輪姦されそうになったことがある。
・とあるベンチャー企業の社長と不倫したことがある。
 しかも捨てられた形になった。

なかなかこれを満たすBLの受けはいますまい。

そんな薙が過去の体験からくる自棄を起こしながらも、
優しく包んでくれるケネスに出会い、ようやく幸せになれるというお話。
苦い過去の体験がかなり綴られ、痛々しい場面も多い反面、
最後はアマアマラブラブな雰囲気で終わります。
よかった、ようやく幸せになった…という気分に浸れました。
薙の自暴自棄ぶりがちょっとひどいものなのですが、
理由が悲惨なだけに私は許せる範囲でした。

対してケネスはかなり甘すぎるセリフを吐きますけれども…、
甘いセリフを囁けない外国人攻めはBLに存在しないのです。
よって、崎谷さんが仰るとおり「外国人だから」いいや(笑)
いいじゃない、ちょっとぐらいドリーミィでも!


さて、恋愛面においては以上の様になっておりますが、
珍しく崎谷さんにしては仕事面が充実していました。
これがやっぱり5ヶ月刊行の中で目立たせた理由かな。

SEは奴隷などと呼ばれたくらいにきついらしいですけれど、
そのハードっぷりが少しだけ分かりました…デスマーチか。
(ガンパレードマーチを思い出してしまったのは私だけでしょうか。)
仕事に苦悩する姿があるとやっぱり評価が上がります。


5作目ともなると登場人物が多くて「あんた誰だっけ?症候群」に
陥ってしまうこともあるのですが、ピンポイントでキレイに
出してきますね。うまく軸をずらしてスピンオフをどんどんと
書いていける能力ってBL作家としてかなり重要かもしれません。
よけいなお世話ですね。

いつものブルーサウンドとは趣(&舞台)が違えど、
比較的年齢が高いからこのシリーズは好きです。
お気になるかたは1巻からどうぞ〜。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 12:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:01 | - | - |