-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ブライトン・ロック!』/椹野道流(宮本イヌマル) | main | 折角のGWですから >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ユメノ果実』/杜楓子(須賀邦彦) 【U-18企画1】
ようやく、GWがスタートですね!カレンダーどおりには休めそうです。
そして前々から申しておりました通り、50万Hit御礼企画です。

50万といえば大きな節目。その記念に過去記事を振り返る
企画でもしてみようかと思ったのですが、つまらなかったので
やめにして、GW=『こどもの日』=『若い』ということで
『あの頃君は若かった…U-18企画』にいたします。
あ、ショタものは多分含まれない予定です。

多分、5/5までの1週間ちょい、断続的に続く企画になりますが
お暇があれば、どうぞお付き合い頂ければと思います〜。
それでは1発目は、『ユメノ果実』です。



ユメノ果実ユメノ果実
杜 楓子
リーフ出版 (1998/12)

[Amazon]



あらすじ(原文のまま)
嘘っ、彼と同じクラス!?高校の入学式で夏央(なつお)はパニクった。
1年前、泣いていた夏央にライムをくれた人―名前も知らなかった
憧れの人と同じクラスだなんてっ!!いつにない行動力で、
憧れの人・健一郎(けんいちろう)と急接近した夏央だったが、
過保護な兄・亨は快く思ってくれない。やがて学校の中庭で
すだち栽培の手伝いを始めた夏央のまわりには、人が集まり出し…。
緑豊かな町を舞台に杜楓子が描く、少年たちのハートフル・ストーリー。

*   *   *   *   *   *

やだわもう奥様聞きまして?ハートフルストーリーですってよ、
いまどきどこの世界で…ってBLの世界では通用してますね。
若干リーフのテンションが入り気味ですが、
大体あらすじはそのままで問題ないかと思います。

私が高校生ものに期待している要素その1。
甘酸っぱい、後から思い出すと気恥ずかしい思春期独特の気持ち…。
この作品はそれをテーマにしてお送りいたします。

一番甘酸っぱかったのは、とある事情から憧れていた健一郎と
選択授業の音楽で隣の席になり、ペアを組むシーン。

選択が同じになったのは偶然ではなく、健一郎と友人の会話を
聞いていて書いた、という乙女行動によるものなのです。
しかも、隣の席になったのは偶然ですが、ペアを組んだのは
教師から見て右から数えればペアになると計算したうえで、
数えだす直前に消しゴムを右に投げ飛ばすという、
執念に近い意思で健一郎とペアを組むようにしたのです。

ちょっと怖いですが、これぐらいなら可愛いですよね。
少なくともいきなり拉致監禁・強○を悪いとも思わない
攻めが登場するより全くもって問題ないと思います。

さて、その後の音楽の授業では、ペアを組めるように
仕向けたくせに隣に居るだけで動揺しまくり。
頭真っ白の夏央はペアで使用していた譜面台に置いてあった
2つのリコーダーを間違えて手に取り口づけてしまい…
かかかか間接だあーーーー! と狼狽えます。
そうだったね、リコーダーなんてものが授業であったんだね!
リコーダーで間接…レモンのように甘酸っぱい!
レモンって甘酸っぱいどころか酸っぱいよね、という
突っ込みは青春の前には形無しなのです。


でも、相手の目の前で相手のくちづけたものにくちづけるとは…
しかもリコーダー。動転中とはいえ夏央、無意識にエロス上級者です。
(…ああ、汚い大人の思考って嫌だなあ。)

そんな感じで、剣道部に所属する健一郎をこっそり眺めたり、
友人とお泊りしたり、ちょっとした部活に励んだりと、
学生生活ならではの恥ずかしくも懐かしい夏央と健一郎のお話です。
いやほんと高校生ものを読んでいるっ!て気分です。


あと、面白いのは兄弟の亨との確執も絡んでくる点ですかね。
亨はいかにも攻め男で、いわゆる当て馬なのですけれども、
意外とこの人物がしっかりと書かれています。
(スピンオフではしっかりちゃっかり主人公になってるし)
ブラコン亨v.s.ヒーロー健一郎が古典的で楽しめるポイントかと。

私の好きなオヤジ(むしろジジイ?)も出てきますし、
すれていない高校生ものを読みたいときにはオススメ…と
言いたいところなのですが、最後に1つだけツッコミを。

ヒーロー健一郎がヒロイン夏央を助けた後にすぐに、
よりによって初体験が青姦ってのはどうなの。
確か健一郎は品行方正で文武両道の優等生では?おかしいなあ…。
若いから仕方ないけど…土手の草むらは受けが痛いと思うの。
まあ若さゆえですね。蛇足でした。


たまには高校生もので気恥ずかしいような気持ちになるのはいかが?
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |