-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『仮面ティーチャー』/京山あつき | main | 早く起きた日曜の朝は >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『砂の下の水脈』/深井結己
先日、3Pについてうんたらかんたらと書いたときに、
コメントにて「3Pものが収録されている」とオススメされたのが
この作品でした。深井さんの名前は存じていたのですが、
作品を買ったことは無く、いい機会にと買ってみたところ…
3Pものより他の収録作品のほうが気に入ってしまいました。

せっかく3Pものとして紹介してもらったのに…すみません、時路さん。
でもかなり気に入りましたので許してください。

では、収録作品5編のうち、特に気に入った2編を
ピックアップして感想です。



砂の下の水脈『砂の下の水脈』/深井結己
竹書房 (2005/02)

[Amazon]



☆0.02 (コンマゼロツー)
面接のために髪を染め直し、面接を終えて遅れて学校へ来た真島。
ちょうどグラウンドで体育の授業をしているところへ来たのだが、
水飲み場で顔を洗うクラスメイトの篠田がいた。
ボールがぶつかって鼻血を出したという。それを聞いて笑った真島だが、
顔を洗うためにメガネを外していた篠田に、声が似ているせいか
上野というクラスメイトに間違われて、とんでもないことを言われた。
「あれを返して…中出しでも何でも…好きにしていい」と…

*   *   *   *   *

私の立場としては非常に心に痛いお話でした。
篠田は上野のことが好きで、告白を受け入れてもらえたと思ったら
実はからかいで、セックスを面白半分にビデオに撮られ、
しかも面白半分にそれを友人に見せられてしまうのです。
…ほんとエミリー(嶽本のばら著)の登場人物といい、
人の気持ちを踏みにじる人間って心の底から腹が立つ!

そんな『むかっ』ときた私の心を静めてくれたのが真島です。
ひどく傷ついた篠田を、自分も篠田が好きだったゆえに、
「上野の代わり」として篠田を慰め、幸せを祈るのです…。
真島むっちゃくちゃいい男じゃん…!(篠田は男を見る目がなさ過ぎ)

そして高校卒業と同時に一切会わなかった二人は偶然に再会して…
ちくしょう、泣かせてくれる!というか本当に泣き、
心から幸せになってほしいと思った私なのでした。
ただの後味の悪い話に終わらなくて凄く良かった。

かなり暗い話なんですが、その暗さに伴う表情が凄く上手いんです。
怒り、蔑み、悲しみがダイレクトに伝わってくる感じなのです。
その分解放を迎えたときの最後の表情は心温まります。
国枝彩香さんとか、西田東さんに似た感覚かも。
このお話は単行本の1話目に収録されているのですが、
ここで既にファンになってしまいました(笑)

そしてどんどんと読み進めて、最後に来たのが下のお話。

☆砂の下の水脈
ある日目覚めた絹一郎は、己の声の、肉体の突然の変化に恐れ戦いた。
自分が子供で、まだ小学生のはずなのに、これではまるで
兄のように慕っている高校生の基哉くんみたいではないか、と
戸惑っているところに記憶よりも遙かに大人びた基哉がいた。
どうやら何らかのきっかけで、記憶を失ってしまったらしい…

*   *   *   *   *

記憶喪失ものって結構好きでいくつか読んでますけど、
その中でもかなり暗い感じの記憶喪失ものです。

ここでまた思い出してしまったのが国枝さんでした。
国枝さんの単行本『いつか雨が降るように』に少し似ていて、
記憶を失っているほうがお互いにとって幸せだというお話。

ただ、国枝さんのと大きく違うのは、国枝さんの作品は
まだ記憶が戻らない状態で終わるのに対し、深井さんの作品では
記憶が戻り、陰惨な過去が全てこちらに提示されます。

どっちが好きかは好みでしょうけど…区切りが付いて、かつ、
ハッピーエンド(一応)になったこちらに私は軍配を上げたいかと。
そりゃー人も殺すわなあ、と思わず納得してしまうほどに
暗いんですけれど、記憶が全て明らかになったときに、
どんな切なさや苦しみを味わい、そしてどのような行動を
とったのかを最後までしっかりと見られたのは大きいです。

暗いお話だからって、単に「うわーひどーいかわいそう」の
感想で終わってしまうような薄っぺらい物語ではなく、
「人間性」が作りこまれてて素晴らしいなと思うのでした。

それになぜか…、ほとんどの話にヒゲスキーの私としては
たまらない無精ひげが出てきますしね!(ここ重要)
ちょっと絵が荒い感じがしますがこれも味と言うことで、
単行本を買い集めたいと思うほど面白かったです。

甘いだけではなく、酸いもかみわけたい方にはオススメです。

P.S.手始めに新刊でも買ってみようかな…。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |