-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 早く起きた日曜の朝は | main | 2007年5月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『きみの背中を見ている』/椎崎夕(あさとえいり)
珍しく1日に2回の更新です。

さて、椎崎さんの作品を読むのはこれが6冊目になりました。
私調べ(Amazonで検索)によりますと椎崎さんの作品は
今のところ10冊のようですので、もう全作品の半分を
少し過ぎたということになります。
著作がさほど多くなく、絶版が少ないおかげでしょうか。

で、今まで読んだ作品をOKかこれはちょっと…に分類してみたら、
自分が良し悪しを判断するポイントがみえてきました。
感想を書きつつ、それについてもちょっと書こうと思います。



きみの背中を見ている
『きみの背中を見ている』/椎崎夕 
大洋図書 (2007/3/26)

[Amazon]


あらすじ
ずっと好きだった親友の結婚式の日に嶋津一哉は、
酔った勢いで見知らぬ男と一夜を共にしてしまう。
翌朝起きてすぐに逃げ出し、忘れるように言い聞かせた。
数ヵ月後、一哉はある事情から親友の弟・西藤成章と同居することになる。
成章はどんなに素っ気ない態度を見せても懐いてきて一哉のペースを乱す。
そんな成章にいつしか一哉も心を許すようになっていった。
だがある日、成章の背中に見覚えのある傷跡を見つけてしまい……

*   *   *   *   *   *

椎崎さんの本を読む理由=受けが読みたいのです。

本来、私は攻め好きであって受けに興味がないのですが、
椎崎作品の受けはちょっと変わっていて(皆似た性格だけど)、
そっちのほうが気になってしまうんです。
一言で言えば「勝手に勘違いして感情爆発」キャラ。
その爆発が、むかつく奴に向かうと凄く楽しめるのです。

この作品でも一哉の両親が亡くなった時にひどく心を傷つけた男が
登場するのですが、もうお前など眼中に無い、といった感じで
感情を爆発させて、ばっさりと冷徹に追っ払うのです。

水戸黄門で言えば印籠のシーンとでもいいましょうか、
徹底的にむかつくキャラとして書かれていた相手が
「しずまれいしずまれい!」みたいな形でタンカを切って
ズバッとやってくれるのが気持ちいいのかもしれません。

これと同じ類の作品として、先日感想を書いた「年下の男」や、
感想は書いてないもののお気に入りの「あなたの声を聴きたい」などが
該当するかと思います。全員、しがらみを断ち切ろうとする態度が良い。


しかし、感情の爆発がさして悪い奴じゃねえだろう、と
思うような相手に行くと、お子様にしか見えないんです。
「好きと言えない」、「親友と恋人と」などでは
人の話を聞かない上に勝手に爆発しているように見えて、
あまり良いほうには作用してないように思えました。

受けの性格は大抵同じような性格と書きましたが、
攻めも甘やかしタイプで固定されていることが多いので、
当たる相手が攻めだとほんと理不尽に見えてしょうがないのです。

今回の作品でも成章に思い込みで感情をぶつけてしまいます。
その場面での一哉だけは全体から浮いているように
思われてしまい、正直好きになれませんでした。
他の部分では凄く大人びていて、思いが通った後でも
情に流されることなく冷静な判断が出来るのに。


というわけで、今回の作品は、受けの感情爆発と言う点では
プラマイゼロ…ということになってしまうのですが、
この本の面白かった点は最後の成章視点の短編です。

学生で男であるがゆえに、一哉とのつきあいは
一哉を苦しい立場に追いやることと知り、
それに対して何もすることができないと気づかされるも
一哉と一緒に生きて守ってゆきたいと決意する成章。
それこそが年下攻めの醍醐味じゃあないですか…!
年下攻めラブの私としてはここはかなりのツボでした。

クールにして思慮深い受けと、将来きっといい男になる
年下攻めの話が読みたいときは良いかと思います。
ただし、突然受けが暴発するのでご注意をば。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |