-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年5月新刊購入予定リスト | main | 『ユメノ果実』/杜楓子(須賀邦彦) 【U-18企画1】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ブライトン・ロック!』/椹野道流(宮本イヌマル)
イギリス行きたーい!ブライトン行きたーい!
日本の片隅でBLを読んでそんなことを叫ぶaya-meです。

外国人が出てくる本として紹介された本なのですが、
海外ものって読むとやっぱり普通のBLと違って楽しい。
ちょっと旅行に行きたい気分にさせてくれますね。
残念ながら行けない現実が待っていますが、
出不精の身としては追体験の形でも、本の中だけでも
旅行した気分になれることは素晴らしいと思います。

もちろん旅行気分になるためには小説が面白いことが前提ですよね。
そしてもちろん、面白かったので感想です。




『ブライトン・ロック!』/椹野道流(宮本イヌマル)
二見書房 (2002/05)
[Amazon]
ブライトン・ロック!2(Amazon)
(イラストは2巻のものです)


☆1巻のあらすじ
今までしたいことも特になく、親の言う通りに進んできた航洋(こうよう)は、
本当にしたいことを見つけるために、親の反対を押し切り医学部を退学、
イギリスの港町、ブライトンにひとり留学をする。
英語もうまくしゃべれず、心細い思いを抱える航洋が出会ったのは、
スーパーのアルバイトで青灰色の優しい瞳と人懐こい笑顔が素敵な青年、
ジェレミーだった。次第に仲が良くなった二人は、航洋が暴漢に襲われかけた
事件をきっかけにフラットメイトとして一緒に暮らすことになったのだが…。

*   *   *   *   *   *

まだ椹野作品は「にゃんこ亭のレシピ」しか読んでいないのですが、
そちらで感じていた独特の雰囲気がBLと相反せず、
むしろ上手く融合していることに驚喜しました。
ご本人が滞在暦ありというだけあって、おとぎ話の
イギリスではなく、ああこれが本当のイギリスの
地方の生活なんだな、と身近に感じてしまうのです。


登場人物たちもこれまたとても親近感のある人たちです。
いわゆる自分探しに留学をする人たちが感じて体験することを
受けの航洋はそのまんましてくれていると思います。
個性がないわけではなく、普遍的に感じるであろうことを
般化しているだけであって、ひどく素直で可愛い航洋は
BL的にも、留学生ものとしても魅力的な人間です。

攻めのジェレミーもおぼっちゃまや大富豪などではなく、
大学で勉強をしながらアルバイトをする学生で、
庶民の感覚をしっかりと持った男なのです。
(「イギリスでは20歳過ぎて家を出ない男は変人扱い」だ、
 なんて知りませんでしたよ、もう…。)
もちろんBLの外国人攻め必須の歯が浮くような…どころか
歯が溶けるような甘いことはのたまいますけれども(笑)

そんな二人が1〜2巻にかけて、仲良くなり、一緒に暮らし、
すれ違い、感覚の相違や心の問題を解決してゆくというお話です。
王道なだけに作家の力量が問われるところですが、
改めて椹野さんの丁寧な流れを再認識できました。

まだ完結していないのでスジは詳しくは触れないことにしますが、
真剣に二人の関係を考えるからこそ取らねばならない選択があり、
それをお互いに分かっていることは凄く幸せだと思います。
無理に固執して崩れあうよりはずっと前向きで健全かと。
青春小説としてもとてもいい出来かと思います。


ただ1つ、誤算だったのは…Hシーンがしっかりあったこと。
てっきり書かれない作家さんだと思っていたのですが、
濃くは無いのだけれど愛情を感じられるHシーンが
描かれていてもの凄く嬉しい誤算でした。
無いのも好きだけどあるのがもっと好きです。
「キリンさんは好きです、象さんはもっと好きです」ってことですな。(?)

オススメして下さったMさん、ありがとうございました!
続きがいつになるのかは分からないそうですが…待ちます。

派手な外国ものを食べ飽きた方にオススメです!
| [BL・小説]椹野道流 | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |