-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『DEEP BREATHING』/神谷凪(金ひかる) 【U-18企画・2】 | main | 『可愛いひと 1, 2』/紺野けい子 【U-18企画・3】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
働く男がなぜに好きか
U-18特集をやっている最中なのにこんな記事を書くくらい、
働いている男たち、リーマンものがとっても好きです。

仕事自体が好きというわけでは決してありません。
好きな瞬間もあるけれど嫌いな時間のほうが多いくらいです。
なのになぜ働く男たちの描写がが好きなのだろう?
自分の立場から見て考えてみました。

1・業界全体の年齢が上昇した
私も含めて、BLの読み手と書き手の平均年齢が、
特に小説の分野では上昇しているのではないでしょうか。
年齢が上昇するにしたがって、自分が対象とする年齢が
あがっていくのはショタか老け専でない限り自然なこと。
18歳のときの恋愛の許容範囲としては±3〜5くらいでしょうか。
40歳では±10歳ぐらいは行けるでしょうけど、その許容量を超えたら、
萌えることはできるけれど、恋愛の対象にはなりづらく、
年齢を隔てることによって恋愛小説として実感が湧きづらくなる。
よってリーマンのお話が多くなる理由のひとつになるのかと思います。
書き手も読み手の年齢上昇を踏まえているのかもしれませんね。

2・男たちの世界がここにもある!
1番を理由として正しいと考えた上での2番です。
学生ものの中核となっていた理由は男子校は年齢的に身近で、
かつ男性しか存在しない閉鎖された世界はそこだけだったために、
男性の友情に憧れる(妄想する)女子としては学生寮や男子校を
メインの舞台にしてBLを展開していった、と考えます。

しかし、年齢が上昇すると、気づくことがあったのです。
男子高校生が二人で話し合っている男だけの閉鎖感が、
肩を並べあって仕事をしている男性にもあるということを!
そう、仕事をする男性にも男性だけの世界があるのです。
(男女雇用機会均等法というものができあがって時を経ても、
残念ながら結局は男性が必然的に残るようになっています。
それに関してはコメントはしませんけれどもね。)
それを知って妄想しないで居られるかー!となるのは
腐れにとっては当たり前なのですが、親の庇護の下に居る学生よりも
生活の基盤を築ける大人の男性のほうが、身近になった上に
かっこよく映るようになるのではないでしょうか。

3・男性として魅力的なのは…
と、まあ、ずらずらとシフトしてきた理由を述べてきたのですが、
ぶっちゃけて言えば仕事ができる男は単純にかっこいいのです。

なぜなら、仕事で人望がある人間には誠意や信頼があるからです。
どんなにネットワーク化が進んでも、最後の決め手は信頼や誠意。
誠意をもち、信頼を受ける男性はかっこいいに決まってます。
(学生ものの生徒会長や部長等と似たステータスかな?)

そしてそのかっこいい男たちに芽生える、
仕事の過程で培われる堅固な信頼関係(=妄想できる関係)は
私たちの妄想をより深く楽しくさせてくれる…というわけです。

それに、仕事は人生の大切な指標のひとつですよね。
それに対して真剣に取り組む男たちという事自体が、
人生の信念を体現しているようで恰好良く映る。
そして積み上げて培ってきたものが男のステータスであり、
生活のパラメータとなっているからだと思います。


もっと一杯好きな理由がありそうですけれども、この辺でやめときます。
(いろいろな職業が見られてちょっとした転職願望を叶えられるだとか、
仕事のできる自分を投影できるだとか…etc)

ただ、仕事ものも題材としては「許可証をください!」のように
奇抜で無い限り、普通のリーマンは新鮮味は薄くなっています。
(もちろん著者の仕事描写へのウェイトにもよりますけれども)
この流れで行くと、次の題材は30年越しの再会や
セカンドライフものが主流になったり…するのかなあ?(笑)

リーマンものが大好きな腐れの独り言でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |