-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 折角のGWですから | main | 働く男がなぜに好きか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『DEEP BREATHING』/神谷凪(金ひかる) 【U-18企画・2】
たとえ誰が覚えていなくとも確信を持って好きと言える本。
私にとっては、この作品がそれに当たります。

今回の高校生もの企画も本音を言ってしまえば
この本の感想が書きたかったからなのです。
「わざわざ企画にしなくても書けるのでは?」なんて
葵の御紋のように正しいツッコミはご遠慮願います。

前回では【甘酸っぱさ】を取り上げてみましたが、
今回は【子供ゆえ】をテーマにしてお送りしたいと思います。
以下感想です。



ディープブリージング―深呼吸『DEEP BREATHING』
神谷凪(金ひかる)
プランタン出版 (1998/05)
[Amazon]




☆あらすじ
中2の弟が連れてきた遊び友達の中に凛(りん)はいた。
…高3の佑季(ゆうき)は、中学生の凛は体格も気迫も自分より強く、
傲岸不遜な彼に引きずられるままつき合いをはじめてしまう。
夜の歩道橋で奪われたキス、拒めずに受け入れてしまった身体。
初めての不器用で稚い恋は佑季を大きく変えてゆくことに…

*   *   *   *   *   *

な、なんと攻めは14歳でございます…BL小説で中学生の攻めは
なかなかお目にかかれません。14歳の母もびっくりです。

それは置いといて、この作品は受験生でマジメ君な佑季が、
自由奔放で快活な凛にいけないとは思いつつも惹かれ、
その生活を崩してしまうといったお話。
宗方先生がいたら「成長をさまたげるような愛しかたはするな」と
釘を刺されてしまうような、【子供ゆえ】の盲目的な恋愛です。
(ちょい前にドラマ化したからそんなに古くないよね?このネタ…)

でも、もちろん当然宗方先生はこの小説には出てきませんし、
気持ちっていけないなんて思ったってとまんないんですよね。

私も高校生のときは羽目を外さずにマジメに授業を受けていた
佑季タイプだった(はず)ので、このわがままで遊んでいて、
奔放で快活で、子供っぽいところと男らしいところを
持ち合わせた凛にどうしようもなく惹かれるのがとても良く分かります。
佑季の正反対の人間への戸惑い振りと距離の置き方が凄くリアル。

凛も、凄く遊んでる風に見せて、実は佑季しか領域に入れさせて
いないというのを感じさせる描写がすごくリアルで上手い。


しかし、やはり二人は未成年で学生で扶養家族です。
片や国立を目指す受験生、片や家庭の問題で左右される中学生。
子供にはどうしようもないレベルで、家族や勉強に縛られ、
外からの圧力で優先させなければならないことがあります。

その圧力と恋との間で揺れ動く【子供ゆえ】…の葛藤。
幼いんですけれど、とても真剣な葛藤が綴られていく後半部分、
そして最後にハッピーな未来を残す形で終わるところが凄い。
ラピス文庫とは思えない。(失礼)
どうしてこんなにじわっと来るんだろう…共感できるからかな?
ほんと、何度読み返してもいい…これだからBLやめられないのです。


私はこの傾向のストーリーに弱い人間だと思うので
ひいき目があるかもしれませんが、1998年発行とはいえ、
今読んでも十分いける小説だと思います。

とくに、「マジメだった自分」にちょっとコンプレックスを
持っている人にオススメしたい作品です。
佑季の気持ちが自分に重なるようで、多感な時期だったら
ちょっと苦しい内容かもしれませんが、過ぎ去った身としては
とても愛おしく思える作品だと思います。
(もちろん私は既に過ぎ去った身)

【子供ゆえ】の切ない物語、古本屋で見つけたらぜひお手元に。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |