-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 働く男がなぜに好きか | main | 『東京少年物語』/羅川真里茂 【U-18企画・4】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『可愛いひと 1, 2』/紺野けい子 【U-18企画・3】
意外にもこの作品の感想を書いていませんでした。

紺野けい子さんはイラストレーター(小説の挿絵)としても、
マンガ家としても好きな作家さんなのです。貴重です。
紺野さん名義のBLコミックはもちろん買いますけれど
BL小説の表紙が紺野さんなだけでもつい手が伸びます。

山田ユギさん・紺野けい子さん・やまねあやのさん・
今市子さん・桜城ややさん・ヤマダサクラコさんが
私のコミック&挿絵買い六人衆です。(他にいるかも…)


さて、今日の感想は紺野けい子さんのBL代表作(と思っている)、
【リアルな高校生活】を含んだ『可愛いひと』です。



ビーボーイコミックス 可愛いひと『可愛いひと』1/紺野けい子
ビブロス (2000/10)
[1巻]





可愛いひと 2『可愛いひと』2
(2003/8)
[2巻]





☆あらすじ
Hの経験なんかないのに、慣れたフリをして部活の後輩・池内(いけうち)を
誘う篠田(しのだ)ナツ。本当は篠田は池内のことがずっと好きで、
でも池内には彼女がいるから、それならせめて体だけの
付き合いでもいい、と考えての行動だったが、残念ながら
純情でわかりやすい篠田の行動は池内にはバレバレで…

*   *   *   *   *   *

あらすじにあるが通り、ちょっと卑屈すぎるぐらいに
健気な篠田(受け)の視点で話は進みます。
はじめは「そこまでしなくても」と思うほどに純な部分を
恥ずかしく感じてしまうのですが、読み進めるうちに、
ほんのちょっとした「可愛い」と思わせるシーンが積み重なり、
篠田がほんとに可愛いひとに見えてきてしまうのです…!

初デート、初めてのア○ルセックス、部活の合宿…、
もう1つ1つの話で可愛いと思わせるシーンが沢山!
メロメロになる池内の気持ちが良く分かります。

もちろん可愛いだけでなくて「池内には彼女が居る」「男同士」などの
ドロドロとした気持ちから、前向きな方向へ(落ち込んだり悩んだりは
もちろんするのですが)消化できる点なんかは凄く男らしいです。

何度も書いている気がしますが、基本的に受けに興味の無い私でも
つい「篠田さん可愛い〜」とつぶやかせる魔力を持っています。


篠田さんの可愛さを挙げていたらキリが無いので別の点を挙げますと、
実に【リアルな高校生活】が描かれているのですね、これが。
部活やら勉強はもちろんのこと、人物の描写が素晴らしいのです。

特に、紺野さんの作品に共通ですが、女性の描かれ方が素敵で、
池内の彼女・美保ちゃんがこの作品ではそれに当たります。
BLで出てくる「元カノ」はこじれる元となる要素なのですが、
大抵切れて人を指したり、余裕をかました大人だったりして
それ以外に無いのか、と突っ込みたくなる役割人物がとても多い。

なのに、この作品ではとても等身大なのです。
池内に振られて終わりではなく、そのあとも池内の元カノとして
池内とも篠田とも友人として存在し続けるのです。
同じ学校通ってるんだからいきなりフェードアウトしない、
そんな当然のことが描かれていて何だか嬉しいのです。
登場回数も1巻ではかなり多く、そのたびにちゃんと
個性と思考を持った「ひと」として描かれていて…素敵です。


一切触れてなかった池内も高校生レベルで凄くいい男で、
将来もっといい男になりそうですし、サブカップルの二人も
美味しいのですよね…長髪攻め×アホ受け、かつ幼なじみ。
この二人もぜひ見て欲しい二人です。

いつもの事ながら褒めてばっかですね…まあ、いいか。

ぜひリブレ出版には新装版で出版して欲しいものです。
そして予定立ち消えのままの新刊も…(泣)

ぜひオススメです!

(蛇足:混同しがちな高岡ミズミさんの小説は『可愛いひと』です。)
| [BL・コミック]紺野けい子 | 21:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |