-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『可愛いひと 1, 2』/紺野けい子 【U-18企画・3】 | main | 聖地巡礼と買い物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『東京少年物語』/羅川真里茂 【U-18企画・4】
ここいらで箸休めにBL以外をチョイスしてみました。

私は『ニューヨーク・ニューヨーク』が羅川さんの作品の中で
一番好きですが、『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』『いつ天』、
さらに短編まで、全てが甲乙つけがたい作品なのです。

その中でも東京少年物語は120Pちょっとのお話なのに、
かなり印象深く残っている作品です。

以下感想、今日のテーマは【少年からの成長】です。



東京少年物語『東京少年物語』/羅川真里茂
白泉社 (2002.9)
[Amazon] [BK1](まだBK1使えたのね…勘違いしてた)





☆あらすじ
両親が離婚し、母の田舎で暮らすことになった吉蔵(よしぞう)。
慣れない田舎暮らしに反発するが、いとこの鷹ちゃんには心を許すようになり、
カルチャーショックを受けながらもなんとか田舎に慣れてきた吉蔵だが、
ある日、東京に居るはずの父親が突然現れて…

*   *   *   *   *   *

家庭の都合で田舎で住むことになった少年の生活を描いた、
タイトルどおりのお話です。細かいエピソードを重ねつつ、
田舎がふるさとになっていく過程を描いています。

吉蔵たちとの時代は少々違い、転居したことも転校したことも無いので
実感が湧きにくい部分もあるのですが、それでも都会と田舎の生活の差異を
人づてに聞くように、とても身近に感じられる描写なのです。
なんとなく『おもひでぽろぽろ』や『となりのトトロ』を
思い起こさせるようといえば分かりやすいでしょうか。


そして田舎の生活だけでなく、羅川さんの特長である
心理描写がいかんなく発揮されております。

前半では離婚問題を絡めているだけあって、吉蔵の父母、
父の再婚相手…大人の問題と子供の気持ちが入り混じり、
吉蔵の納得できないけど受け入れなければいけない、
そんな複雑な心理が綴られています。
どうしてこんなに心を絞めつけるような描写が出来るのだろう。
最近では離婚が増えて一般的になったとはいえ、個々が抱える痛みは
歴然としてあるということを再認させられました。

こうやってどうしようもない大人の都合を垣間見て、
大人になってくんですよね。吉蔵の場合はしっかりと受け止めて
【成長】につながったのだから良いですけれども。

同時に進んでいる鷹ちゃんの家庭のお話がまた心をしめつける!
病床の母を見舞う鷹ちゃんが『我は海の子』を歌うシーンからの
15Pの間は、読む度に涙してしまっています。
泣かない方法を教えて下さい。

ネタバレしたくないので細かくは書かないことにしますが
この悲しい出来事は、鷹ちゃんの少年時代の終わりであり、
【成長】せざるを得ない事を示しているのでしょうか…。

少年の幼児期からの心理的成長=親との距離の変化を
鋭く描いた作品として、最高級のものだと思います。

よく美味しい野菜等を食べると「体がキレイになりそう」と言いますが、
このコミックを読むと涙を流してすっきりキレイになれる気がします。


・・・と、キレイな感想だけで終わらないところが腐ってる所以。
まずいとこ同士ってワードからして美味しいですよ。
しかも同い年…ああもう幼馴染みものとしか思えない。
いとこは結婚できるから近親相姦に当たらないしねっ。
性的描写はないですが、最後の吉蔵(大学生)の次のセリフは卑怯。

『故郷(ふるさと)を想う時 なぜか鷹ちゃんがいるんだ』

…っ、妄想しないでいられましょうか!(妄想中)
そういった意味でも楽しく読める1冊です。


あ、最後に収録された、田舎から都会へ出てきた大学生のお話も、
もんのすごく良いです。(男女カップルということを除き)
田舎を出てコンプレックスを刺激された人は必読です。


幸せなことに絶版ではないようなので、見つけやすいとは思います。
どうぞお手にとって見てくださいまし。
| [その他]BL以外のコミック | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |