-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『東京少年物語』/羅川真里茂 【U-18企画・4】 | main | 『きみの処方箋』/月村奎(鈴木有布子) 【U-18企画・5】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
聖地巡礼と買い物
予告していましたとおり、池袋へ行ってきました。

まあ、その前に前哨戦として別のブクオフへ行ったり、
下北沢で買い物しました。戦利品は以下3点。
・『のはらのはらの』/雁須磨子
・『キャラメルデビルズ』/吉池マスコ 読了
・『華やかな迷宮4』/松岡なつき

吉池さんはこれで著作コンプ。BLじゃないけど可愛かったですw
雁さんは初挑戦。松岡さんのは1巻しか持ってませんがキープ。

その後、軽い昼食(BLETサンド)をとることに。木原さんの
『B・L・T』を思い出していたのは店内ではきっと私だけでしょうか。

池袋へ移動し、一緒に買い物をしてくれるMさんと合流しました。
最後に行ったのは乙女ロードと呼ばれる以前であり、
しかもはまっていなかった頃に付き添っただけだったので、
全然地理的にも覚えていない私、非常に助かりました。

まずはまんだらけへ突撃です。多分、来るのは初めて…。
一歩足を踏み入れると、そこは女の園と言わんばかり。
まるで女子高(年齢の幅は広いですが)のような状態です。
しかし違うのは、もの凄い品揃えの中古本があることと、
全員の意識がBL本にしか向いていないということ(笑)

まあ、こんなところで怯むようなら腐男子してませんので、
私も負けじと嬉々として以下の本を選びました。
・『チャレンジャーズ 1, 2』/高永ひなこ
・『Nightmare Fortress 〜魔人の城塞』/小笠原宇紀 読了
・『君知るや運命の恋』/あすま理彩
・『あいの、うた』/木原音瀬
・『しあわせにできる 5, 6』/谷崎泉
・『作る少年、食う男』/椹野道流
・『華やかな迷宮2』/松岡なつき
・『グリーンカラー』/義月粧子

小笠原さんのは相変わらず変態ばっかですね…接合シーン多すぎ。
松岡さん、谷崎さんのは丁度続きが見つかってラッキー。

同人誌も見たかったのですが、予算に入れてなかったので自重しました。
それにしてもよしながさんのプレミア同人誌、八万円て何…?

次はまんがの森へ移動しました。新宿のに比べると狭いものの、
BL売り場のの面積が3分の1以上あるってとこが凄いですね。
ここでは、買い逃していた2冊だけを購入しました。
・『完璧な恋人』/夏水りつ
・『月も星もない』/久我有加

久我さんの漫才ものはとても楽しみです。

まだ余力があったので、K-booksの商業誌館へ移動しました。
ここもなかなか商業誌の品揃えが良いですね。
2時間立ちっ放しでいろ!と言われても苦になりません。
残金と相談しながら、以下の5冊をお買い上げ。
・『チャレンジャーズ 4』/高永ひなこ
・『生徒会長に忠告 2』/門地かおり
・『ホーム・スウィート・ホーム』/義月粧子
・『すべては彼の手の中に』/義月粧子
・『白鷺妖一郎の優雅な休日』/紫藤あかり

ちょっとはまり中の義月さんに、続き物3つです。
続き物が見つかりやすいところが凄く便利ですね〜。
最後の紫藤さんの作品は、昨年のworst企画にて
worst5に入った『トンデモ!?美少年鑑定団』の続きのようです。
え、シリーズなんてあったの!?(人気あったの!?)
今度こそトンデモであることを大期待して購入です。
このごろトンデモに出会っていないのでとても楽しみ。


さすがに疲れたので、ここで終わりにしましたが、池袋いいですね!
人の多さにだけ目をつぶれば、品揃えの質が極上ですもの。
そしてBL好きの人が集まっているだけあって、この熱気。
ここにいる時は人に隠れる必要を感じない、というのは素晴らしい。

そんなに度々行くことはできませんが、大きな休みごとには
行ってみようかと思います。…帰りの荷物が大変だけど…

swallowtail P.S.最後に噂の執事喫茶、「swallowtail」の
看板を記念にアップしてみました。
ここも1回くらい話の種に行ってみたいですね〜。



| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |