-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『月も星もない』/久我有加(金ひかる) | main | どんな媒体でも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『艶めく指先』/秀香穂里(サクラサクヤ)
TBの嵐が復活し始めました。
JUGEMのスパムブロッカーが非公開状態にしてくれるのですが、
消す手間は変わらず…しかも私の大好きな『箱の中』『檻の外』の
全サ「すすきのはら」に「ススキノ風俗」のTBが来てるし!
純粋にむかつきます。でも吐き出したのですっきり。

さて、今日は秀さんの新刊です。『くちびるに銀の弾丸』と
ちょっと絡んでいると聞いて楽しみにしていたのですが…、
『くちびる〜』を読んでいない方でも面白いのでは、と思いました。
感想は以下です。



艶めく指先
『艶めく指先』/秀香穂里
徳間書店 (2007/04)
[Amazon]



☆あらすじ
業界注目のアートディレクター・藤居(ふじい)に舞い込んだ大型企画──、
それは、老舗ゲーム会社が仕掛ける新型ゲーム機のパッケージデザイン。
依頼主にして開発部のリーダー・美咲(みさき)の、ストイックな美貌と
理想の身体つきに彫刻好きとしての美的感性が刺激された藤居は、
「身体に触らせてくれたら仕事を受ける」と条件を出した…

*   *   *   *   *   *

攻めも受けもゲーム業界とアート系だけあって、
かっちりした普通のリーマンものではないものの
スタイリッシュなものを書かせたら一流の秀さんらしく、
しかもフェティッシュなところがふんだんで素敵です。

デザインを扱うアートディレクターやゲーム業界という、
一般でない「スタイリッシュ(っぽい)」職業。
もと彫刻科だった藤居の触って感じたい一風変わった癖や、
美咲のゲーム会社でラフな服を着ていると思いきや
開発という技術部のために上着は作業着…などなど、
「フェティッシュ」ぶりが私のツボを刺激しまくりです。

そしてスタイリッシュなだけではなく、ゲーム業界の実情や問題が
うまく取り入れられてワーキングシーンに生かされています。
皆で何かを作り上げる過程はなんであれ楽しいものですが、
子供の遊び心を忘れずにかつ真剣に仕事をしている
ゲーム業界の内側(BL仕様ですが)が見られてより嬉しい。

これぞBLで浅く広く職業を知ることができる典型ですね。
秀 (秀でている&秀さんらしい)としか言いようがない。
『ぼくおや』がちょっぴり出てくるのもファンにはお得な感じ。


エロスな意味でもすごく素敵でした。
秀さんのHシーンてものすごく臨場感があるというか、
映像でたとえるならカメラワークや音がいいのです。
特に音は、lucindaさんの記事「オノマトペを探そう」を読んで
あ、なるほど!(続けて読まないでね)と納得しただけあって、
とても効果的に使われていることを認識しました。
見習って最後のHシーンからオノマトペを抜き出してみますと、

しゅるっ・しっとりと・ひくんと・ぐりぐりと・がくがくと・
くちゅりと・ぞくっと・ざわっと・どくっと・とろっと・
ねっとりと・ぎゅっと・とろりと・ふっくらと・ずぷりと・
じわりと・とろとろと・じんじんと・ぬちゅりと・じっと・
ぐちゅぐちゅと・ちらちらと・ぽたぽたと の計23回も!

オノマトペの優れているところは、その文字を見ただけで
受け取った側の中で音を想起させることでしょう。
エロスを感じる受容器は五感ですから、視覚的にも聴覚的にも
強く訴えるオノマトペとエロスは比例しているのかもしれませんね。
(lucindaさん、ネタ転用ご了解ありがとうございました)


『くちびる〜』を読んだ方でも読んでいない方でも、
ワーキングBLをお求めの方にはオススメでございます。
| [BL・小説]秀香穂里 | 21:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |