-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 聖地巡礼と買い物 | main | 『月も星もない』/久我有加(金ひかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『きみの処方箋』/月村奎(鈴木有布子) 【U-18企画・5】
昨日買ってきた生徒会長に忠告 2、チャレンジャーズ 1, 2を読了。
漫画は読むのに時間がかからないので寂しくもあり、
楽だったりもしますね。両方ともそこそこ楽しく読めました。

さて、【U-18企画】最後の1冊を飾るは『きみの処方箋』です。
山田ユギさんの『青年14歳』のコメディで締めるか
迷ったのですが、こちらにいたしました。

今日のテーマは…若いときだけに限らない、
【思考の転換】でしょうかね。
それでは以下どうぞ。



きみの処方箋
『きみの処方箋』/月村奎
新書館 (2004/8)

[Amazon]

あらすじ
父を知らずに育った智朗(ともろう)は、たった一人の家族だった母を亡くし、
伯父の家に引き取られた。頑固な伯父とは衝突しきりのうえ、
従兄の克巳(かつみ)からは屈託もなく言い寄られ、
智朗は早くこの家を出て独立したいと思っていた。
しかし、心臓病にも負けずに明るく見えた克巳には、
実は智朗が思いもよらぬような秘密があり…

*   *   *   *   *  *   *

智朗が他人の別の側面を知り、自分の歪んだ視点に気づき、
ようやく人との接し方がわかるようになるお話…って、
2行で終わってしまうところでした。月村さんの小説は
動きはあまりないから物語部分は解説がいらない…。
なので、思ったことをつらつらとあげてみます。

月村さんの登場人物は基本的に鬱屈していることが多いです。
けれど最後まで鬱屈したままの木原音瀬さんのとは違って、
鬱屈していたとしても、どこかに救いのある性格です。
それは、視点が変わることで見える世界が変わるという、
月村さんの一貫した主張のせいかと思います。

今作でいえば、智朗の視点から見るそれにあたります。
いい人だと思っていた伯母の中にも汚い心はあり、
世間体第一だと思っていた伯父が実は不器用なだけで
深い愛情を持っているということ。
…そして、克巳が気軽に飄々としているからといって、
傷つかなかった人生を歩んだわけではないということ。
そんな【思考の転換】で、智朗の世界が少し変わるのです。

私も他人に対して考えることを疎かにして、
他人を別の側面から見ることを忘れてしまうので、
読み返すとちょっと痛いものがあります…。

智朗がしていた「自分以外のせいにして楽になる」ことも、
無意識下で痛みを避けるためとはいえ、意外と皆しているもの。
これまた自分に当てはまるからちょっと痛い。

うーん、視野を広く持たなきゃダメだな…。
もちろん他人なんて本質的にわからない点もあるし、
勝手にわかったような気になるのも危険なのですが、
他の視点から見ようとすることは大切だと思わされました。
そんな当たり前のことをじわりと身に沁みる様に
教えてくれる、月村さんの作品は大好きです。


また、月村さんの作品では家族像に触れることも多いです。

「いいことばかりではなく、こんな生活、と思いながらも、
その日常が案外かけがえのないものだったりするのだ。」

この考え方はシンプルでとても好き。
月村さんの作品はいい意味で、BLでなくても良いと思います。
(悪い意味は「男同士の意味が無い作品」)

う〜ん…高校生特有のテーマではなかったですね。
高校生に限定する必要のない良いテーマかと。(言い訳)
まあ、他人との差異を強く感じやすいセンシティブな
年代だからこそ起きる摩擦かもしれませんけれどね。
もう少し年を経ると段々鈍くなるから(苦笑)

新装版書下ろしの短編などもあり、お得な1冊です。
BL初心者にもオススメしたい1冊です!
| [BL・小説]月村奎 | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |