-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『きみの処方箋』/月村奎(鈴木有布子) 【U-18企画・5】 | main | 『艶めく指先』/秀香穂里(サクラサクヤ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『月も星もない』/久我有加(金ひかる)
昨日、Web拍手で頂いたコメントを見てびっくりしました。

『きみの処方箋(の感想)は、2度目ですよね。』

えっ、…あれ、ほんとだー。約1年前に書いてましたね。
完璧に忘れてました。…青年14歳にしておけばよかった。
コメントもついているので消しはしません。
「ププw」ぐらいで読んでやってください(笑)

さて来ましたよ、久我さんの漫才もの!(ごまかすかのように)

今までに久我さんの作品の八割がたを読みましたが、
その中で一番面白かったのは『何でやねん!』でした。
その次に面白いと思えたのがこの作品でした!
読んだばかりのせいかもしれませんが、純粋に楽しめました〜。

ではでは、早速感想へ参ります。



月も星もない
『月も星もない』/久我有加
新書館 (2007/05)

[Amazon]




☆あらすじ
突然相方からコンビ解消を告げられたさっぱり売れない芸人の温(ハル)。
絶望的な気持ちで街をさまよっていたところ、やはり同じ日に
コンビ解消を言い渡された秀永(ひでなが)と遭遇する。
売れない芸人同士、傷を舐めあうかのように勢いで身体を重ねてしまう。
翌朝、「おまえの初めての男になった責任をとりたい」と秀永が言い出し、
二人でコンビを組んでみることになるが……!? 

*   *   *   *   *   *

この作品で一番面白いのは、会話文です。
関西弁ならではのテンポとリズムが目に浮かぶようです。

久我さんが関西出身なのか正しくは知りませんけれども、
関西弁は久我さんにとってネイティブの言語であり、
一番感情表現がしやすいのではないかと思いました。

先日感想を書いた『東京少年物語』に収録されている、
「がんばってや」で主人公の台詞でこんな言葉があります。

「頭の中の変換機能がまだうまぐ標準語に変えでくんねんだってばヨ」

人間の思考は言葉(言語)でするものであって、
東北弁の地域で育った人間が東北弁で思考するのは当然だし、
関西弁の地域で育った人が関西弁で思考するのは同じく当然。

だからこそ直接話法、「」内の文は、ネイティブならではの
自然な会話のテンポやリズムの魅力が出るのだと思います。

方言を気にする人って多いかもしれませんけど、
方言のない地域で育った私から見ると逆に羨ましいんですよね…。
(それが作品への好き度を高めている気もしなくもない)

題材である「お笑い芸人」も関西に根付いている文化だから、
より関西弁が生かせていて、面白いのかと思います。
(先日まで知らなかったんですが、関西では昔っから
漫才の番組があると聞いて驚きました。
バラエティ意外の漫才なんて見たことないですもん…)


カップルの二人ともお笑いが大好きで、売れたいと思いつつ、
ちゃんとお笑いの道を精進しようとしている=仕事に対して
真剣に取り組んでいるのもいいですね。もちろんその描写も。
面白いネタを作るのはかなり高度な技術なのですね…
お笑い芸人も大変なんだなー、と『何でやねん!』のときと
同じことをお笑いに疎い私は思ったり。

久我さんは基本的に切ない系ですが、笑いを中心にして、
苦さを混ぜているこの作品くらいのバランスが好きです。

難点をあげるとすれば、彼らのネタがやっている場面が
詳しく書かれているともっと盛り上がると思うのですよね〜。
音楽や絵と違ってネタは言葉で表現できるわけですし。
芸人レベルのネタを要求するのは酷だろうか…。

酔ってたからって突然ノンケが男と体を重ねあうか…?という
突っ込みも入れたいところですが…まあ、BLだからOKか。

ツッコむよりも心地よい会話を楽しむが吉です。
どうぞ関西弁BLをお試し&お楽しみあれ!

P.S.『何でやねん!』のへたれ攻めこと土屋来も登場します。
「マイスイートハニー」とかほざいてた来のくせに生意気な、と
つぶやきたくなる登場がありますので、こちらもお楽しみに。
| [BL・小説]久我有加 | 21:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |