-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『艶めく指先』/秀香穂里(サクラサクヤ) | main | 『契約不履行』/義月粧子(雪舟薫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
どんな媒体でも
1・映画にて
会社の上司がデスノートのDVDを貸してくれたので見てみました。
普通の版かと思っていたら、コンプリート版だったのでびっくり。

・Lと月について
 この結論はありなのか…?原作と別物だと思えばOKかな?
 たぶん、L派なのか月派なのかによって評価が変わりそうですね。
 L派にとっては演技も秀逸、何しろ結末がこれです。
 翻せば月派にとってはLに勝たずして終わってしまうし、
 原作と比べると天才ではなくて秀才レベルの脳みそ…。

・他雑感
 最後のトリックはうまいな、と感心しました。ですが、
 - ナオミの頭が悪すぎる。仮名で顔をさらしたのは原作Lの劣化版。
 - シブタクの扱いが酷すぎる。月の罪悪感はどこへ行ったんだか。
 - 私の好きな板尾創路が死ぬだけの役なんておいしすぎる(笑)
 - 映画だとL×総一郎でした。鹿賀丈史が渋くて素敵でした。

 …などがありましたが、全体的に原作の雰囲気をあまり崩すことも無く、
 映画として秀逸だと思います。(原作の方が好きだけど)

2・アニメにて
木曜に録画しておいたおおふりのアニメを視聴しました。
スポーツの水面下で心理戦、という、当たり前のことが
描写されているのが丁寧に描かれていて素敵ですね!

スポーツに限らずですが、スポーツをしている間に、
一瞬で揺れ動く人間心理を深く描けているからこそ、
基本的にインドアな本読み達をも魅了するんですよね。

キャラ的には今週も田島がかっこかわいすぎる!
田島と花井の関係ってヒットと犠牲フライの差が
物語っているような気がします…あ、L月もタジハナも
リバっぽいですよね。リバ…いいなあ…(妄想)

来週はついにクソレフトが活躍するようで楽しみです。


3・小冊子にて
いろんなところで書かれているように、ようやく、
シャレードのナツモエフェア小冊子が届きました。
というか、そんなものに応募していたことも忘れてました…
そして神楽坂さんの方はキャラすら忘れてました。

ユギさんの方は感想を書いていただけあって、()しっかり覚えていましたが…、
森下に必要だけれど「友達」と言われた吉田が哀れ。
そしてなんて不憫な子なんでしょう…
普通だったらここから発展するんだよね…
吉田の顔は男らしくて好きなので続きが読みたいかも。
ユギさんのゴリラ系攻めと魔性受けは素敵過ぎる。


…どんな媒体でもBL尽くし、そんな贅沢な土曜日です。

そして予約していたオノ・ナツメさんの再録本同人誌
届いたので、今から読むつもりです。

最初から最後まで、BL尽くしです…(笑)

P.S.あ、オノ・ナツメさんの同人誌はBLなのかな…?
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |