-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『のはらのはらの』/雁須磨子 | main | 読書の後には >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『前略』/トジツキハジメ
これは良い…!

前略
表紙(左)からして目を惹かれたのですが、
中身ももの凄く、良かったです…!
この本より先に読んでいたコミック2冊
(両方ともリブr(略))の印象など
どこかへ吹き飛んでしまいましたよ…。
悪貨がはびこったとしても、
心に残るのはちゃんとした良貨。



感想になってるかはさておき(おい)、感想です。



『前略』/トジツキハジメ
海王社 (2007/5/10)
[Amazon]

☆あらすじ(「前略」)
地味な郵便局員・八角達也(はっかくたつや)・27歳は、
勤務中に学生から「お願いします」と手紙を手渡された。
受け取った手紙には、達也の名前が書かれており、
なんと中身はラブレター。それからというもの、
高校生の北沢から毎日ラブレターを送られてしまい…

*   *   *   *   *   *

ラブレターを出す高校生…お百度参りもびっくりですね。
「ありえねえ」などと馬鹿にすることは簡単ですけれども、
見知らぬ関係の人に、手紙を渡す、しかも毎日…。
相当エネルギーが要ることですよね。

今では伝達手段として使われることがあまり無い手紙。
自筆で間違える可能性もあるし、書いて紙を折って
封筒に入れてシールを貼って…とにかく手間がかかるため、
メールにとってかわられてしまっていますね。
ですが、それだけに、手間をかけてでも手紙を出す行為から
10歳も年上の達也に毎日手紙を届けに来る、
北沢の情熱をひしひしと感じてしまうのですよ…!
(文面は「好きです」だけなんですが(笑))

そして今までに手紙をもらったこともない地味な達也は、
そんな手紙を疎ましく思いながらも、強く心に残る手紙を
捨てられずに、達也のことばかり思うようになってゆきます。
ああ、ここのくだりが本当にいじらしくて可愛くて…。
朝チュン以下なのにドキドキしっぱなしでした。

「…嫌じゃない よろしくお願いします」
「こちらこそ お願いします」

こんなにも丁寧な言葉に萌えさせられたのは初めてです。

ちなみに、ここまでの感想は『前略』『草々』の感想です。
その続きの『追伸』は、お邪魔虫が入ってくる話ですが、
こちらも不器用な達也と、焦ってしまう北沢が
とっても魅力的なお話です。…朝チュン以下ですがね。


が、その次に収録されている『暗夜行』はエロスです。
高校生と彼についてまわる学校の先生のお話。
暗い面が強く出ていますが、そこはかとなく甘やかで、
印象に残るお話でした。こういうのトジツキさんは上手いなあ!
(ちなみに内容は志賀直哉とは関連が無いとのことです。)


そして最後に収録されているのが、『夜の休止符(前後編)』。
こちらは会社員(のはず)である兄と、ピアニストとして
賞賛を浴びている弟の、ゆがんだ愛憎のお話。
これも…もう感動のため息をつくしかなかったです。
兄の気を引くがために、同じくピアノを始めた弟の方が
才能があっただなんて…ミューズの愛の残酷さですね。
歪んだ気持ちを抱えた兄弟の閉塞的な関係は、
ハッピーなのかアンハッピーなのかはわかりませんが、
非常に強い余韻を残しました…。

トジツキさんの絵って独特ですけれども、
もうここまでくると完全に作家の味ですね。
表情の豊かさといい、とってもいい出汁がでています。


すでにコミックの今年のベスト10に入りそうな予感…。
オススメです!!
| [BL・コミック]トジツキハジメ | 22:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |