-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『無敵のベイビーフェイス』/水無月さらら(吹山りこ) | main | 『おおきくふりかぶって 8』/ひぐちアサ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
主張と放送が矛盾している
「だって好きなんだもん! 〜“腐女子”だって恋をする〜」

こんばんは、出だしから怖気が走る文ですみません。
しかし、このタイトルは、NHKで放送されている、
「中学生日記」のタイトルなのです。より怖ろしいですね。

わざわざこんなの見るつもりは無かったのですが、
ニコニコ動画にアップされていたので見てみました。

http://www.nicovideo.jp/watch/1179582053
http://www.nicovideo.jp/watch/1179583204

(登録しないと見られませんが、見なくてもなんら問題ありません)

もう、突っ込みどころ万歳で、ニコニコ中毒者への
いいネタになってしまうのも仕方ない出来です。

これに真面目に突っ込むのもバカバカしいですが、
黙っていると勘違いされそうなので一応しておきます。
(長いのでいったん折ります)



・レストランでゴスロリ&ロリータファッション&同人誌の話
 中学生なら周りが見えていないかもしれませんが、
 少なくともこの掛け合わせはありえないでしょう。
 擬態をしない腐女子なんて何%存在するんだよ…。

・女教師は「中学生の時にBLを読んで結構好きだった」と発言
 中学生のときに読んでいた…だと?BLを読んでいたというには
 浅すぎるし、所詮BLなんて中学どまり、みたいな印象を
 暗に含んでいるような気がします。

・BL=同人誌?
 中学生でオリジナル?普通は二次から入るんじゃないの?
 壁のポスターはテニスだし…。
 なのに人に見つかったのは商業誌っぽかった。
 商業誌と同人二次系と同人オリジの違いを分かっていないかも。
 しかも中学生で同人活動は経済的に無理では…?

・三次元を対象にした妄想
 生粋の腐女子であっても生ものは苦手という人もいます。
 しかも登場する男子に妄想する価値がない。
 たとえ消しゴムと鉛筆で妄想する能力があったとしても
 そんな余計な妄想する暇なんてありゃしません。

・二次元>三次元発言
 ちょっとだけ理解は出来るけれども…要らないとは言えない。
 この発言をした子は彼氏が出来れば発言を撤回する可能性高し。
 
・可愛い腐女子にのみ彼氏
 差別なのか、それともリアルを写し取っているのか…。

・「男子だってHな本見るでしょ、私はそれが男同士の本だっただけ」発言
 NHK、わかってねええ!ポルノ的役割があることに対しては
 否定しませんが男性向けのエロ本と一緒にするでない!
 だいたい…(長くなるので割愛)

・受け入れる男子
 なぜ「キモイ」といった男が同人誌作成の手伝いが出来る…。
 はっきり言って、ノンケの中学生男子に、性的嗜好の含まれた
 価値観の違いを尊重できるほど出来たやつは居ないと思う。

結論
以上の観点から見て、腐れの気持ちを分かってねえ!

おそらく「どんなものであれ価値観を尊重しなさい」と
主張したいのでしょうが、生理的に受け付けない性的なものに、
価値観を尊重しろなどと、言いませんし言えません。
この趣味を持っているが故に、私はそんなこと言いません。
ほっといてほしいだけなのです。
理解するならこっちの価値観を尊重して下さい。

…ああそうか、本当に腐女子ひいてはBLというものを
理解できていれば、こんな番組は作れないか…。
理解できていれば、そっとしておいてくれますものね。

徒花であるが故に楽しいジャンルなのだから、主張どおり、
尊重して放って置いてほしいものです…。

N=能が無いから H=腐女子に K=嫌われる、さすがNHKでした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - |