-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『おおきくふりかぶって 8』/ひぐちアサ | main | 『帰宅』/剛しいら(茶屋町勝呂) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』/菅野彰&立花実枝子
こんばんは、連日の残業の鬱憤晴らしに、
ほんのちょっと梅酒と日本酒が入っているaya-meです。
たった梅酒1杯と2合で簡単に酔えるって経済的。
おいしいお酒って幸せですよね…。

まあ、お酒に限らず、おいしいものを口の中に入れるのは
食べ物に凝らないひとでも共通の幸せだと思うのですが、
それを逆手に取った本がこちらです。

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します
新書館 (2006/12)
[Amazon]







紹介文
客が来てから慌てて片づけ始める店、料理の中から
食べ物じゃないものが出てくる店…。
あなたが怖くて入れないそのお店、
生きているか死んでるか判定しましょう。
その体当たりぶりを、怒りのコメントを、たーんとご賞味あれ!

 *   *   *   *   *   *

タイトル長いよっ!とと、まずは突っ込みたいですが
まさに内容通りなので突っ込めませんでした。

大抵誰にでも「生きてるのか死んでるのか不明な店」の
カテゴリに入るお店を1件は知ってると思います。
入ったことはないし、ていうか入りたくないし、
誰が入ったのかも見たことないんだけど、
なぜかそこにずっとあるお店…。ありますよね。

そんなお店に「仕事」で入り、摩訶不思議な店内と
摩訶不思議な店員と超絶まずかったりする料理を
マンガ+ルポ+エッセイという形で書き起こした本です。

絵の方は残念ながら知らないのですが、文章は商業BL小説を
読んでいるなら皆知っている(かどうかは知らない)、
菅野さんですから安心して買いました。

いつものくだらない日常と語り口と店の描写が
まぜこぜになっていて、ちょっと読みづらいのですが、
まあ、菅野さんになれていれば平気だと思います。

それよりも凄い(ひどい)のは、死んでいるお店たち…。
なんなんだ、この死んでいるお店たちは!

・見た目がひどい
 →具体的にはあばら家みたいだったり、店名がはがれおちていたり…

・店の人が挙動不審
 →日常会話に対してどもる店主たち。

・メニューにあるのに出せないメニューの存在
 →「今日はありません」の連続。

・他の客も皆無
 →入る前、いる間、出た後、人がいる&いた気配が無い。

…なんて法則を菅野さんたちが見出してしまうくらい、
共通で、しかもそのひどさが半端じゃない…!
私の頭の中で思い描いていたより店側も、
それを召し上がる菅野さんたちも一枚上手でした。

うーん、グルメ本の逆手にとってこう来るとは。
読み終わってみればなんとも不思議な充足感でした。

あれ?好奇心が満たされたこの感じ、どこかで…
あっ、トンデモ本を求めているときにとても似ているのか!
「こりゃやばいだろうなー」と表紙で6割方分かり、
「うわ、なんなのこのあらすじ…」と裏表紙で確定、
それでも怖いもの見たさで買って読んでしまうトンデモ本と!
しかも予想外で不味くないとネタにならないところまで一緒…。

…菅野さんたちの気持ちが良く分かりました(涙)

好奇心がとっても強い人にお勧めいたします。
偶のBLを一切含まない感想でした。
| [その他]BL以外の小説 | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |