-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』/菅野彰&立花実枝子 | main | 2007年6月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『帰宅』/剛しいら(茶屋町勝呂)
珍しく今週は、BLだけでなく全体的にあまり読書をしませんでした。

情熱が薄れてきているのかしらんと不安になりましたが、
今日買い物に行ったら6000円も新刊を買ってしまったので、
全然情熱は薄れていないことがわかり、ちょっと安心。

情熱といえば、毎月のように本を出し続ける剛しいらさんの
情熱の原点であるデビュー作を読みました。
はっきり言って最近のものより面白く感じました…。

では、軽いネタバレ感想です。



kitaku
『帰宅』/剛しいら
角川書店 (1997/02)
[Amazon]

以外にデビューは遅く、10年前なんですね。…って、
たった10年で100冊以上の著作…!驚異です。

さて、こちらは短編集なので3話中2話をとりあげます。

「ぴすとる」
:学校にも行かず、かわりばえのない過ごしていた秀明は、
以前軽くいじめられていた中学校の時の先輩山内に再会する。
脅されるままに犯罪行為を強要され、そのまま大阪へ
連れ出される。銃で脅された恐怖からくる服従だったが、
次第に自分に執着する山内に対する愛情が芽生えて…。

*   *   *   *   *   *

もろストックホルム症候群です。ストックホルム症候群とは、
「誘拐や監禁の被害者が、極限状態の中で、
犯人に同情や連帯感を抱くようになること」です。
(めったに無いことですが、BLに限って見れば
意外と多く発生していますよね…。)

嫌なやつとしか思えなかった山内に、脅されついていくものの、
山内の見せるやさしさや執着心にほだされてしまうのです。
「世界にふたりっきりだったらいいのに」なんてセリフが
ありますけど、そんな非日常な空間が、
逃亡中の時間に発生してしまったんですね…。
結構濃密な時間ですよね、朝から晩までずっと一緒にいるって。

それに加えて、秀明を今まで誰も愛してもくれなかったため、
そんな時間を過ごしてくれた相手に惚れてしまうのは
心情的に仕方がない気がします…。

よく体から堕とされて攻めに受けが惚れる手法が
BLではお約束となっていますが、体の関係よりも、
二人が抱えていた心の闇が強く出ていたのが良かったです。

ストックホルム症候群のときに芽生えた気持ちって、
その後、どうなるんでしょうね…?実際にストックホルム症候群に
なった人の中には、犯人と結婚した人もいたようですし、
この2人の先も明るいものであってほしいなあ、と願っています。


「帰宅」
:爆発事故で妻を失い、ひとり息子も大怪我を負った中堅俳優の佐伯。
ここ数年の育児は妻に任せきりだったため、事故後の息子が
異常に甘えてくるのを不審に思いながらも受容していた。
しかし体を求めてくるようになった息子に、
もしや他人なのではないか、と疑い始めた…
(補足すると、「事故で顔に傷を負って整形した」ので
顔ではわかりません、って前提があります。)


*   *   *   *   *   *

サスペンス調のお話。バス事故、人の入れ替わりというと
東野圭吾の「秘密」を思い出してしまいます。
ちょっと違うのは男同士ってことですけどね(ちょっとか?)。

ぴすとるに続いて、かなり非日常的なお話なのですが、
妻や子が亡くなったり、背筋が寒くなるような欲望が
潜んでいたり…より全体的に暗めなお話でした。

それでもやっぱり優れているのは、心理描写です。
息子なのか、息子ではないのかと揺れる佐伯の葛藤と、
あくまで息子の仮面をはずさない何者かの情念。
そこにドロドロの恋愛感情が混ざり合って、
見事としか言いようが無いJune作品でした。
これがデビュー作って質が高いなあ…。

時代のせいか、コメディ系が多くなりがちですが
剛さんの書くサスペンスって好きなんです。
コメディも軽いものを読みたいときには最適なのですが、
ややもすると軽すぎてしまうので、これ位重くても好きです。
まだ暗めの話なら相変わらずの「さいってぇーっ」などの
喋り言葉が変なのもなんとか我慢して読めます…。
「…」をあまり会話文内で使わないから変に感じるのかな。


あと1篇は、かなり涙腺に来ました。最後の余韻が凄い。
まだちょっと悲しさが自分の中に残ってしまって
詳しく書けないので、パスさせてもらいます。

JuneとBLは別物であると、その違いを感じられた作品でした。
JuneとBLの違いを知りたい方は、最近の剛しいらさんの
作品と読み比べてみてはいかがでしょうか。
良し悪しの問題ではありませんが、時代の差を感じますね…。

BLよりもJuneがお好きな方にオススメです。
| [BL・小説]剛しいら | 21:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - |