-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『凍る月〜漆黒の情人〜』/夜行花(高橋悠) | main | 『秘密』/木原音瀬(茶屋町勝呂) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1つの記事にする程でもない感想群
6時半起床。いつもの習慣とは恐ろしいものです。
朝から録画のおおふりアニメを見る。健全ですよね。
残念ながら脳内はアベミハやらハルアキで埋まってますが。
今週は栄口祭りでしたね…。

8時。
おおふりのアニメをニコニコ動画で見る。
こっちで見ると俄然BL色が凄い…。
もちろん言わずもがなですが嫌いではありません。

2回目を見つつ、恒例月一のよしながさんの連載を読む。
ジャムがおいしそう…自分で作ると食べたいだけ作れるし、
甘味が調節できていいんですよね、確かに。
あっ、一人暮らしのときは時期はずれのすっぱめの
小さいイチゴでジャムを作っていたゲイでした。
今号もゲイとして共感する部分も秀逸。
「もし自分にストレートと偽っていたら」はよく考える…。
結論はいつでも「そんなん生きてらんない」なのですが(笑)

10時から夕方にかけて読書をし、読了本は以下4点。


『アレキサンドライト』/山藍紫姫子


山藍紫姫子さんを読むのは2冊目なのですが、
私が読みたいのはBLであって耽美ではない、と
気づくのに最適の書だったのかもしれません。
小説としての読み応えはこちらのほうが高いのですが、
愛とエロスだけの耽美から移行したBLのほうが好き。
それにしても両性具有の性器描写ってどこがどうなっているのか、
わかりづらいですね…とくに花弁と花蕾の違いがっ。


『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』/アンソロジー


凄く豪華なメンバーですよね…
読んだことの無い著者もいるのですが、
面白いと思った順番はこんな感じ。

京極夏彦>東野圭吾>今野敏>石田衣良>柴田よしき=大沢在昌=逢坂剛

実は先にtatsukiさんのこの本の感想(詳しくタイトル名や
中身を知りたい方はこちらで素敵に書かれていますのでチェックを)を
ちらりと読んでいたので京極さんがどんな話でくるのかと
思っていたのですが…、1本とられてしまいました。
ディテールも一番描かれていたし、お話が濃い!
あの拝み屋さんも出てきますしね…
小説家と探偵も名前だけ出てきましたよ。
両さんと部長は添い遂げていると言ってもいいような。

東野さんは原作と比較して違和感なしで純粋に面白く、
今野さんは他の作品と比べて両さんの別の側面を
持ってきていたのが印象的でした。
石田さんはまあ…、マコっちゃんの語りが面白かったので。
あとはすべて似たり寄ったり…

自分が読んでいた年代の「両さん」で描いているためか、
ちょっとずつキャラの印象が違うのも、こち亀だからこそ
出る特徴ですよね。最近は読んでいませんが、
やっぱりこち亀ってもの凄いマンガだなと思いました。

ここからBL方面に移行。
esu

ようやく一昨日に届いたエス完結記念小冊子。
色々なところで届いた、読んだ、面白かった!と
書かれていたのにまだ届いておらずに不安で、
もしやあて先や名前を間違えて書いたのだろうか、
まさか大洋図書に認知されていない地域なのだろうか、
はたまた配っている局員が腐男子で盗んだのだろうか、
自首して返してくれたら条件付(どんな)で許してもいいわん、
などと妄想をしていましたが、届いて一安心。

椎葉も宗近も篠塚も鹿目も東明も、懐かしい…!
奈良千春さんのマンガも始めて読みました。
もう、ご馳走様としか言いようがありませんね。

BLの話の後日談を読みたいと思うのは、
結婚した友人がその後もうまくやっていけてるのか、
気になるのととても似ている気がします。



『創刊3周年記念BOOK ラヴァーズコレクション ラブ・コレ』
/アンソロジー



タイトル長いよ…けれど本自体は薄いよ…。
まあ、420円に期待をしてはいけないですね。
内容は新刊2冊とラヴァーズ文庫でおそらく一番売れているシリーズ
(…何シリーズっていうの?奈良千春絵シリーズ?)の
ティエンと高柳の話を合わせた3作の公認同人誌です。

高月さんのは本編を読んでいないので分かりませんでしたが…、
夜光花さんのは読んだばかりだったのでちょっと嬉しいです。
高橋さんのおまけマンガもあってお徳。
アレックスが素敵オヤジと知ってかなり萌えました。

ティエンたちも良かったですよ、何が良かったって、
奈良絵のラフ!ラフですでにこんなに素敵だとは…!
これはファンなら買う余地ありですね。


おっと、長くなりましたね…うーん、こんなに見た&読んだのか。
久しぶりに集中して本を読めた休日でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 20:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - |