-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1つの記事にする程でもない感想群 | main | 『50/50-フィフティ・フィフティ-』/池戸裕子(紺野けい子)【60万企画・1】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『秘密』/木原音瀬(茶屋町勝呂)
カウンタと違って意識しない数字だったのですが、
記事数がいつのまにか500件を超えていました。
飽きっぽい自分にとってはカウンタより嬉しいかも。
どのくらい続くのか予測不可ですが、見に来てくれる方が
いる限り続けられそうな感じはします…感謝です!

さて、日○レのズームインなどで木原気象予報士を見ると、
「もうこのはら…じゃなくてきはらさんの時間か」と
「このはら」という読みに脳内が侵食されるほどに、
強烈な印象の作家、木原音瀬。

そんな木原さんの『秘密』…表紙とタイトルからして怖いー!と
怯えてたのですが、あまり痛まずに済んだ良作でした。
以下、ちょっとネタバレ感想です。



秘密
『秘密』/木原音瀬
蒼竜社 (2007/4)
[Amazon]

あらすじ
愛しあっていた男を殺したという悪夢を抱え、街を
彷徨っていた啓太はあるバーで杉浦充(みつる)と
出会い、セックスを条件に杉浦の家に泊めてもらう。
男と寝たいのではなく、啓太は殺した男の眠る冷凍庫のある
自分のアパートに帰りたくなかったのだ。
はじめは都合のいい相手でしかなかった杉浦だが、
頭が悪い(ずれている)けれど一途に自分を求めてくれる
杉浦に次第に心が揺れだすが、秘密を抱えたままの啓太は…

*   *   *   *   *   *

最初読んでるうちは不快なキャラたちなんです。
啓太は啓太で人殺しがどうこうという前に卑屈だし、
それに輪をかけて卑屈なんだか頭が悪いのか
よく分からない、それなのに「好き。啓太が大好き」と
一途とも妄執ともつかない姿勢で追いかけてくる充。
特に充は木原さんのキャラらしい、粘着質な面が強く出ていて、
読んでいて「好き」という言葉にいらっと来ました。
(なんだか好きでもない男に好きと言われているようで…。)

それが読み進めるうちに、充がとても不器用なのだけれど
偽りなく本当にすべてを啓太に捧げているのがわかると、
充の恋愛感情に啓太と一緒にもほだされちゃいました。
なんでこう、徐々にダメな人間なのにやけに人を
惹きつけてしまう魅力が出せるんでしょうね…。
(箱と檻も最初はなんだこいつら、と思ってたんだった)

ようやく互いに惹かれあい、こちらもほんわかしているときに
啓太の「秘密」がときおり冷まし水として機能します。
この秘密、結局のところは拍子抜けしたのですが、
それでも人に言えない秘密を抱えることの恐怖を
味わわせてくれました。肝が冷える…。

けれど、啓太の「秘密」をなんでもないことのように
受け止めてくれる充は、かなり凄いやつなのかも。
ああ、でも啓太も結構凄い男でして、2話目以降で
はっきりと明かされる充の「秘密」が分かっても
臆せずしっかり支えていこうとするのですから。

結局、秘密が他人にとってネックになると思うことこそが
ネガティブな思考につながってネックになるのかもしれませんね。
打ち明けて分かり合う事が大切、か…。
でも秘密を受け止められる人ってそう多くないと思うんですよね…、
彼らのように互いを受け止められる人に出会えた人は幸せです。


3話目は違う視点、充の弟・樹の視点で描かれます。

充を「頭が悪いダメ人間」と認定してきた父親、
それをとめられず、充を家族として扱わなかった家族。
充はじつは頭が悪かったわけではなく、とある「秘密」により、
そう見えていたと彼らが知った時の様子をシニカルに描いています。

充を家族で無いと認定した「秘密」の要因が、
家族であるが故にもたらされたものであるだなんて、
もんの凄い皮肉ですよね…。

はじめから充のそのことを理解していればと悔やまれますが、
まあ、充が家から出ていたから啓太に出会えたわけですし、
家族の下にいなくてむしろ良かったのかもしれません。
むしろ可愛そうなのは兄のことを理解できない樹かな…。

家族の呪縛から自立して、男同士だけれど家庭を
築こうとしている充と、啓太が、この先ずっと
仲良く暮らせているといいなあ、と思います。

ああ、久しぶりに感情が揺さぶられました。
うまくまとめられてないかと思います…すみません。


暗いのが苦手な方も、読んでなにかしらの感情を
受け取れると思います。ぜひどうぞ。
| [BL・小説]木原音瀬 | 20:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |