-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オッサンバトン | main | あおりの連続はドSのかほり(ほぼ買い物日記) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『風が強く吹いている』/三浦しをん
通勤中に本を読む私は、本を読み切ったあとに
手持ち無沙汰になることを恐れて、大抵は
2冊以上の本を持って家を出ます。

しかし先日は単行本だからとこの1冊しか持たなかったので、
キリよく読めるようにセーブをと思ったのですが、
全然セーブが効きませんでした…というかセーブどころか
始業のチャイムぎりぎりまで読んでしまいました。
止めるのが嫌なくらいに面白かったんだもの!
BLだ何だという前に面白かったです。

では感想へ。



風が強く吹いている
『風が強く吹いている』/三浦しをん
新潮社(2006/9)
[Amazon]



あらすじ
箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。
才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた
清瀬灰二(ハイジ)と蔵原走(かける)。奇跡のような出会いから、
二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。
たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。

*   *   *   *   *   *

私が中学時代野球部だったことは何度か書いていますが、
実は、部の中で一番長距離走が早かったのです。
(野球には役立たなかった…短距離は苦手だし)
絶対に入る部活を間違えたと今は思うくらいに、
長距離を走るのがもの凄く好きでした。

体の感覚が研ぎ澄まされ、心臓の鼓動が聴覚を支配し、
すべての意識が体の感覚と走ることだけに集中する…、
そんな走っていた頃の感覚を思い出させるような、
ああ、走りたいなあ、と思わせるような、
そんな魅力にあふれていた作品でした。

ガラスの仮面を読んだら演劇への情熱がともるように、
優れているスポーツ小説の絶対条件は、
そのスポーツがしたくなることだと思いますが、
この作品はその条件を完璧に満たしているのです、マヤ!(?)


ストーリーは単純。ある安アパートの住人が、
突然箱根駅伝を目指すという破天荒なお話。
ど素人がほとんどなのによくそこまで練習するな…、などと
はじめは「そんなことないない」とつぶやいたりしたのですが、
アスリートとしてではなく、住人のほぼ大半の、
凡人の感覚から見た「走ること」が描かれるうちに、
もうのめりこむように読みました。

蔵書のマンガを捨てられるよりはマシ、という王子(もちろんあだ名)。
テレビで放映されると親も喜ぶ、という神童。
女の子にもてるなら、というジョータとジョージ。
就職も安泰なら、とまるめこまれるキング…etc。

そんな理由でハイジに丸め込まれる形で走り始めた彼らが、
走ることでどんな一体感を得て、どんなことを感じるのか…
一人一人の性格がきっちりと描かれているおかげで、
「走ること」の意味がしをんさんの押し付けにならず、
いろんな面から見た形になって描かれています。

それが描かれるのは本番の駅伝なのですが…、
この、10人に亘るレース運びと心情の描写が圧巻!
ページをめくる手を止まらせることができずに、
何度か胸やら目頭が熱くなってしまいました。
思わず見せ場を読み返してしまいましたもの。

これはBL云々にかかわらず、読む価値のある小説です…!


まあ、蛇足ですが、BL的な感想で言えば。
女の子を好きな主人公が描かれていますけれども、
相変わらずちょっとした描写はホモセクシュアリティだし、
やっぱりハイジ×走はガチでしょう!名前からしてカケルだし。
ハイジ×王子、ハイジ×ユキなんかも惜しいのですけどね…、
とりあえずハイジは総攻めでしょう、きっと。
同室の双子も妄想するに十分な素質だし、
ムサと神童なんてもはや夫婦の域に達している。
寮ものってこういうときは絶大な効果ですね。
…腐っててすみませんね。


走りから人生を考えさせられる、青春小説でした。
やっぱりしをんさんは凄い!オススメ!!

P.S.
父に貸したらこっちも1日で読みきって興奮しておりました。
aya-me「萌えるよね」→aya-me父「燃えた!よかったぞ」
意図が違うんだ、違うんだよ…。
| [その他]三浦しをん特集 | 01:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |