-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『50/50-フィフティ・フィフティ-』/池戸裕子(紺野けい子)【60万企画・1】 | main | 『名前のない色』/榎田尤利(宮本花野)【60万企画・3】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『覚悟をきめろ!』/いおかいつき(石原理)【60万企画・2】
風邪ではなくて、のどの炎症でした。抗生物質、嫌いなのに…。

さあて今日はリーフ哀悼企画第2弾です。
最近あまり新刊で買わなくなってきてしまった
いおかさんですが、この作品は結構好きです。

薄味なんだけれど、どこか他の人とは違った
持ち味があるように思える…
そんないおかさんらしい作品だからでしょうか。

では、以下感想です。




『覚悟をきめろ!』/いおかいつき
リーフ出版 (2005/2)
[Amazon]


☆あらすじ
幼馴染みで親友同士だった史貴(ふみたか)と哲平(てっぺい)。
互いへの恋心を隠し持った二人は、大学卒業を機に、
相手の想いも知らず、相手に気持ちを悟られるのを恐れて離れた。
地元に戻った史貴は、東京に出ていた哲平に連絡を取ることも
できずにいたが、参議院議員補欠選挙に立候補した史貴の前に、
大手新聞社の政治部記者となった哲平が取材に現れた…

*   *   *   *   *   *

政治家もの…と言っても議員様と秘書がどうこうといった
シチュエーションが多い中、補欠選挙の活動中ってところから
スタートなのが地味でいいですね。

史貴が立候補した理由も「オレが政治を変えてやる!」とか
「世襲だから」なんて理由ではなくて、史貴が調査を手伝った
水質汚染問題を相手にしている市民運動団体からぜひに、と
頼まれて立候補をしたぐらいで、政治家らしくないのです。

はっきり言って政治家に向いていないのですけれど、
クリーンな政治家なんてほんとにいないような今日び、
逆にここまで清廉潔白だと応援したくなっちゃいます…。

それを代理するように、史貴を陰日なたで支えるのが攻めの哲平。
貴社と言う立場ゆえに表立って行動は出来ないものの、
選挙に立候補するのが初の史貴にアドバイザーをつけたり、
相手陣営からの妨害を阻止したり、逆に記者の立場を
利用して、史貴が調査をした水質汚染問題に関する
ネタを同僚に売り込んだりと、かなりの策士です。
哲平がいなかったら当選無理だったかも(笑)

気持ちが通じていないとお互いに思っているのに、
そこまで相手にフォローをしているあたりが、
なんだかねえ・・・内助の功っぽいんですよね(笑)
支える夫がいるからこそ妻は引き立ちます。

まあ、お互いに勘違いをしていても、その理由が
「実は相手のことが好きだから」であって、
絶対の信頼が実はある…というのがミソでした。
たとえ仲違いしていても通じているものがある関係は羨ましい。
セックスも最初は強○といえばそうなのですが、
これのおかげで全然痛くないシーンに感じられました。


以上のように幼なじみで親友同士で再開もので政治家もの…、
これだけつめこんでいるのになぜかさっぱりしています。
これがいおかさんの持ち味だと思うんですよね。
もちろん裏返せばちょっとつめが甘いと言うか、
もっと詳しく書いてもいいのでは、とも言えるのですが、
さっぱりなんだけどくせを残す感じがいおかさんらしい。

ちなみにこの作品には『勝負をきめろ!』という続編が
あるのですが、若干こちらは政治のきったないところが
描かれているので、合わせて読むと丁度いいくらいでしょうか。

好きこそ恋の絶対シリーズにはかなわないのですけれども、
このシリーズも真昼の月と同じくらいに好きです。
あっ、真昼の月もアイノベルスでしたね…。

淡白なものが好きな方にオススメです。
| [BL・小説]いおかいつき | 23:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |