-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『覚悟をきめろ!』/いおかいつき(石原理)【60万企画・2】 | main | オッサンバトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『名前のない色』/榎田尤利(宮本花野)【60万企画・3】
今日は天気と体調の悪さによって、読書の日と決めたのですが、
2時から7時まで昼寝(夕寝?)をしてしまいました…。

もともと眠りはかなり深いタイプで、地震が起きても
夜中に携帯が鳴っても気づかないくらいなのですが、
今日はスイッチを切ったようにさらに落ちてました。
薬のせいかな…?おかげでだいぶよくなりましたが。

さて、「リーフ&アイノベルス哀悼企画」の、
最後の1冊は榎田尤利さんのアイノベルスです。

薬を飲んでも眠れないのって辛いだろうなあ…、と
惰眠をむさぼった私はまずそんなことを思ったりして。
以下、感想です。




『名前のない色』/榎田尤利
雄飛 (2002/07)
[Amazon] [BK1]




☆あらすじ
「夏場のミサ先生はだめ」「なにしろ問題のあるヤツだから」―――
ここ5年、白黒のイラスト以外を描かない水窪(みさくぼ)あきらには、
作品の好評さとは裏腹に、いい噂がない。
それでも、以前から彼の画風に心惹かれていた、
編集者の藤野渉(ふじのわたる)は挿絵を依頼するが…。
仕事はいい加減。人肌恋しければ、知り合ったばかりの
男とでも気軽に寝るような自堕落ぶり。
そんな水窪を、藤野は放っておくことができない…

*   *   *   *   *   *

昨年読んだときはそれほど琴線に触れなかったのですが、
読み返してみたらなんだかじんわり来ちゃった…。
その間に自堕落受けが好きになったせいかもしれない。

エダさんお得意の自堕落な受け・水窪ですが、彼の場合は
無垢でなく、過去に愛する男に実は妻がおり、しかもその男が
妻と子を選んだことからひどく傷つき、ひきこもり・不眠症…、
自暴自棄と言ったほうが正しいかもしれない状態です。

「自分の気持ち、とめられないでしょう」と藤野に問われて、
「止めるんだよ。息を止めるように、感情も止めるんだ」
と返すミサ先生。そして藤野に優しくされることに
逆に苦しく感じているその様がとても痛々しく、
天然な自堕落受けとはちょっと違った感覚を受けます。

前回読んだときはこのミサ先生がちと苦手だったのですが、
なぜか今回は平気でした…

それよりも今回は、藤野の心情にひどく同情しました。
先天的な知覚の差をコンプレックスにしながらも、
努力で埋めようとしてきた藤野が、自分が盛り立てた、
自分の大好きなミサ先生の絵に、無自覚とはいえ、
それを指摘されるんですからね…。
後から読み直してみるととても大切なこのシーンの、
自分の努力やプライドが体から抜けてしまっているような
藤野の顔を描いた宮本さんのカットが素晴らしくて
もの凄く心の琴線をかき鳴らされました。


ちょっとネタバレは避けたいので詳しい描写は避けますが、
藤野が失踪してようやく自分の気持ちがわかったミサ先生、
今度はひきこもりだった自分が藤野を探そうとするくだりは
お互い好き合っているのに、なかなかうまく邂逅できずに
すれ違ってしまうのがほんとやきもきさせられて…
くそう、もどかしくて愛おしいじゃないかっ。

そしてラストのタイトルにつながる海辺のシーンも凄く素敵。
共通の知覚が出来なくても、お互いが同じ場所で、
同じものを見て、同じ感覚を共有できるだけでいい…。
こんなに綺麗なハッピーエンドに、なんで以前は
感動しなかったのか、自分が不思議で仕方ありません。
このシーンとタイトルがつながってるの、センスいいよなあ…。


榎田尤利さんらしい自堕落受けと世話を焼く攻め、
プラス切ないコンプレックスの、絶妙な物語。
古本で見かけたらぜひお手元に。

P.S.マーケットプレイスの値段が2000円…(汗)
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - |