-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『エロとじ』/アンソロジー | main | 『攻め気なあなた』/水無月さらら(佐々成美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夢見る星座』/草間さかえ
やばい、やばいよ、やばいばっかり連発していると
つまらない芸能人みたいでやばいですけれど、萌えすぎてやばい!
テンションがだいぶおかしいのは萌えすぎたせいだと
思って憐れんで赦してやってください。

萌えすぎるとおかしくなりますよね…?
布団の上で一人むひひと笑いながらごろごろしたり、
「これすごいよ!」と言いながら踊ったり。
言いふらせないジャンルだからそうなるのかな、
とちょっと自分をごまかしてみたり。

そんな風に激しく萌えた草間さんの新刊感想は以下です。



夢見る星座
『夢見る星座』/草間さかえ
リブレ出版 (2007/6)
[Amazon]


★あらすじ(表題作)
柳沼(やぎぬま)の下に付いた新入社員は、普段は冷淡な
久世(くぜ)だった。彼が慌てていたのは、道に迷って
就職試験に遅刻しそうになっていたときだけだった。
その久世が、急に落ち着かない態度をとり始めたのは
「新宿」について話をした後だった…。

*   *   *   *   *   *

私を発狂させんがばかりに萌えさせたのはこの表題作。
草間さかえ+リーマン+オヤジ=最大級の萌えでした。
さりげない一つ一つの表情や台詞回しや
間の取り方までがもう好きで好きで。
特に赤面したときの顔や蒼白になっている場面と言ったら…
もうなんでしょう、感情が迸ってますね!
マンガというものが存在していることに感謝です。

そして、久世の素敵な告白。これは脳髄に来ました。

「偶然 道を教えてくれた人が 偶然上司になったんです
 …次の偶然を 夢見る位いいでしょう」

タイトルが夢見るだけにもうドリーム入っちゃってますが、
いつもクールな新入社員の久世がこんなこと言うだなんて、
なんて甘ったるくて素敵なギャップなんだ!

柳沼もかなりオヤジが入っていて、リーマンコートと
目の下のしわが映える素敵なオヤジなんですよね。
青年から中年に入りかけてる感じでグッドです。
久世を違う年齢層の人間と認め、距離を測りつつ、
「泊まってよかったのか…」と後悔しているのが萌えました。

エロがなくったって十分脳内補完できる、素晴らしいお話でした。
この上司と部下の距離感は男同士じゃなきゃ書けないですね。

ちなみにこの2人はおまけで再度描かれますが、こっちも
エロは一切無いのに久世と柳沼が可愛くてたまりません。
くっそうこのラブラブっぷりが!もう何度読み返したことか…


結構長く書いてしまいましたので後は短めに。

・「白昼白夜」
家族の事情で睡眠不足の圭一が眠さに負けて医務室へ行くと
医務室のヌシと呼ばれる先輩に出くわして…ってお話。
安眠を邪魔されると家族でも殴りたくなりますよね…(私だけ?)
圭一のイライラが募っていく過程が凄くよく分かります。
そしてさりげなく気遣いながら実は狙っているヌシが
ミステリアスながらまだ高校生らしくて可愛いです。
大きなことは何も起こらないのに、それでいて
何かが心の中にじんわりと残るのって凄い…。
メガネ萌えをお持ちの方はもっと楽しめるかも。

・「されど美しき日々」
これは、『b-BOY Phenix 2 不細工特集』のときに
既読&感想を書いたのですが、改めて読んでも良い!
最後の山口君の過去の憧憬シーンは前回気づけませんでした。
いやはや、改めてこちらも面白かったです。

・「夏のみちしるべ」
受験勉強の環境のために、と祖父が所有していた一軒家に
出かけた稔が家の中に不法侵入していた往彦と出会うお話。
草間さんの描く一軒屋ってどこが時が止まったような、
アウターゾーンのような世界ですよね…。
大したことをするでもなく、一緒に時間を過ごすだけで
紡がれる関係を描ける人ってBL界にどれくらいいるんだろう…。
フラワーオブライフの翔太がみたら凹むレベルですよ。
(分かる人だけ分かってください)

・「恋愛恐怖症」
過去に恋愛で手痛い思いをした坂本は、恋愛に深く
踏み込むことができず、寝た相手を傷つけてばかり。
そこに変人天野と知り合うようになってから変化が…というお話。

こういうネタ(過去に受けが手痛い経験をしている)の場合は、
大抵攻めがやさしーく解きほぐすか、鬼畜に体から
攻め落とすと思うのですが、どちらでもなく、
ただ、自分の主張をするだけで転換に導くのです。
それで「なんだこれ」と理解できないわけでなく、
むしろ自然な流れで無理がないように思えるのです。
これは…マンガでなければできない…もちろん大満足です。


あらヤダ短くないしべた褒めになっちゃいましたね。
ま、いつものことだし、今年のベスト候補だから良いとしましょう。
オススメです!
| [BL・コミック]草間さかえ | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |