-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あおりの連続はドSのかほり(ほぼ買い物日記) | main | 『夢見る星座』/草間さかえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『エロとじ』/アンソロジー
BLの流れをマラソンや駅伝にたとえると、
設定      → スタートダッシュ
1つ目の難所 → 1回目のエロシーン
デッドヒート  → 何らかの事件
ラストスパート → 2回目のエロシーン
ゴール      → (ハッピー)エンド
と言えるかと思います。

これを元にしてこの本を練習にたとえてみれば、
「スタートダッシュ、そのまま全力疾走スパート×13本!」
てな感じで、すっごく疲れました…読書も体力いるわ。
ほんとにエロだ(ら)けでした。
以下掲載順に軽めに感想+評価(上/中/下)です。





『エロとじ』/アンソロジー
リブレ出版 (2007/06)
[Amazon] [BK1]



・「痴漢電車」/鬼塚ツヤコ(佐々成美)下
電車の中って結構好きなんですが…背景も登場人物たちの
心情も分からない。萌えを感じませんでした。

・「バッドステータスハート発動中」/南原兼(ホームラン・拳) 下(ある意味最上)
ナンバランがナンバランたる所以と言えるアホ作品です。
しょっぱなから、章タイトルが既に半端じゃないです。
★1★ お兄様の猫耳(シャノワールは甘く濡れて誘う)
ネタとして捉えられるなら、最上ともとれますね。

・「媚薬」/水上ルイ(池玲文) 中
馬の世話係×王。ようやくここでまともに立ち向かえました。
下男は慎み深いが、内に王様への狂おしい思いを
抱えていたのがよくわかってGood。挿絵もいい感じ。

・「兄貴とヤス」/英田サキ(鹿乃しうこ) 上
舎弟×兄貴。英田さんのがあって本当によかったです。
挿絵ともよく合っていて、この中ではさすがに上位でした。
しかし、いつもより少しゲイチックにしてあるのは何故…?

・「蜜月メイド」/水戸泉(しょうおとあや) 下
「そんな破天荒な話、平成の世の中にそうあるものじゃないと思うよ」
…じゃあそんなネタで書かないでください。苦痛です。
作者がそれを言っちゃったらネタにもならないじゃないですか…。

・「鈍色の華」/木原音瀬(鈴木ツタ) 上
真っ向から萌えやハッピーエンドを無視した唯一の作品です。
…ごめんなさい、うそです、白髪に萌えたことを懺悔します。
もし続きを木原さんがどう書くのかがとても気になります…。

・「隷従の檻」/和泉桂(稲荷家房之介)上
奴隷×王様。これはアラブものとして続きを書かれても
面白いんじゃないかなあ…と思いました。
稲荷家さんの挿絵もとても豪華でいいですね〜。

・「クリスタル」/榎田尤利(中村明日美子)上
エダさん贔屓の私が言うのもなんですが、さすがだなあと。
これは×であらわすのが非情に難しいと思います。
これも続きがあったら読んでみたい作品でした。

・「貴人たちの後継儀式」/斑鳩サハラ(明神翼) 中
「十八歳を迎えた男子は、一族の中でもとりわけ優れた資質を
備えた成人男子と契り…(略)…彼らの精液を体内に注いでもらう。
そうすることで一人前と認められ…(略)」
アハハ、ハハ、ハハ…ここまで来ちゃえば
ネ、ネタとしてみれば面白いかと思いますよ?
それを評価して中にしました。

・「多岐川肛門病院の秘密」/山藍紫姫子(あさとえいり) 評価不能
だからってここまで突き抜けてしまうと、ちょっと脱帽、
というかごめんなさい、私の負けでいいです。
卵が食べたくなくなる作品ですかね。

・「華麗なる賭け」/あすま理彩(亜樹良のりかず) 下
文が読みづらいベスト3に入ります。
他の二人?水戸と雪代(もう呼び捨て)ですよ。
ページが早く終わってくれることを祈りました。
亜樹良のりかずさんの挿絵が唯一の救い。

・「縛めの白薔薇」/あさぎり夕(かんべあきら) 中
あさぎりさん、何年ぶりに読んだんだろう…。社長×零落貴族に
特に萌えたりはしませんでしたが、これはこれでアリ。

・「可愛くて、可愛くて。」/雪代鞠絵(大和名瀬)
すばらしくどうでも良い作品。最後がこれって…。

*   *   *   *   *   *

こうやって格付けをしてみると、自分がほとんどの話に
萌えていなかったんだなあ…としみじみしてみたり。

エロシーンはそりゃあ好きですよ、好きですけれど、
設定やらキャラクターをがっちりとつかみにくい作品の
エロを見せ付けられても、覆面でセックスしているだけの
ゲイビデオを見せられているようで面白くないんですよね。
お話全体の中の、1つの要素としてエロは好きですが、
エロだけじゃ満足できない自分を再確認しました。

とはいっても、私がエロ描写がうまいと考えている、
秀さんやひちわさんや烏城さんや中原さんあたり(というか趣味)が
下ランクの人達の代わりに書かれていたら、
評価が変わっていたかもしれませんが…。


エロシーンが好きでも、かなり体力を削られます。
読むときは万全に体調を整えて挑戦してくださいね。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |