-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『夢見る星座』/草間さかえ | main | 元気の源 〜妄想プロット日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『攻め気なあなた』/水無月さらら(佐々成美)
水無月さららさんの本をひと月に一冊は読んでるような…
これが中毒と言うやつなのでしょうか。

さて、今日は趣向を変えて、写真から。

『攻め気なあなた』/水無月さらら
ビブロス(1999/8)
[Amazon]

BLを読みなれている人にとっては
薔薇が散ろうが男同士が手を組んでいようが
何の変哲も無いように見えると思いますが、
なんと…、左が受けで右が攻めなのです!

…驚くのはBLを読みなれている人だけでしょう(笑)
そんな時代を先取り?した作品の感想は以下です。



★あらすじ
大手化粧品会社に勤める花形譲(はながた・じょう)は、
綺麗な先輩・星野友和(ほしのともかず)に片思い中。
社員旅行に乗じて告白したら、なんといい雰囲気に…
と思ったら、ふたりとも「攻」なことが判明。
譲はあの手この手で星野を攻めようとするが…

*   *   *   *   *   *

最近、攻×攻の作品をわりかし目にすることがあったわりに、
どれも好みに合わなかったのですが、さすが水無月さらら…、
これは楽しく読ませていただきました。

普通、攻×攻なんていうと傲慢やら鬼畜やらが登場するのですが、
こちらはかなり趣が異なり、天然王子×ヘタレ年下なのです。
このキャラクター故にBLの定石を逆手に取ったとも
言えるコメディが育まれています。
名前からして巨人の星コンビだそうですから…。

また攻×攻に多いのは、力ずくで…、とか、体から…、が
多いのですが、こちらでは1回目は気絶中に知らぬまま犯され、
2回目は受けがべろんべろんに酔っ払ったせい、
3回目、4回目は…、とどうしようもない理由で進むのです。
攻めなんてテクニシャンどころか単なる絶倫なだけなのです。
こんなアホ作品が笑わないでいらりょうか(笑)

ただ面白いのは、展開が強引ではあっても、
無理やりではないところからはじまっているため、
もしかしたら立場逆転の可能性があるかも、と
期待しながら読めたところですね。
惚れているから相手のことを考え、受けようと思う…、
でもやっぱり相手を征服したいとも思う…、という葛藤を
しっかりと楽しめたのは、そのおかげだったと思います。
テクニシャンで体に翻弄…というわけでもないので、
よりいっそう、先の展開に面白みが増しています。

どうせお前が攻めなんだろ、みたいな印象を与えない
ひねりがしてあるのが水無月さんらしかったです。


そして、余計なところが変に凄いのも水無月さらら作品。
肛門裂傷、つまり痔になった花形の兄が医師で
診療した挙句男同士のセックスに対する知識を与えたり(…)、
花形と花形の友人の知り合いが抱きついたのを母娘が見て、

娘「あ、ホモがいる!ママ、あれって絶対
  ホモだよねっ。お尻触ってたもん」
母「そうね、受男だわね。でも、外専ではないみたいね」

そ、そそ、そんな会話、どこの親子もしちゃあいませんから!
なんでこんな名も無き脇役にトンデモないことを喋らせるのか…、
でもこの変さがないと水無月さんらしくもないのですよね。
許せる人にとってはこれも「味」になるかな…。


驚いたことに、人気があったそうで、98年に連載形式で
スタートし、99年にはこうして単行本になっています。
BL本にしては早い展開ですよね…、しかも2巻も出てるとのこと。
2巻も見つけ次第、読んでみようと思います。

アホBLを読みたいときにはぜひどうぞ。
| [BL・小説]水無月さらら | 01:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:13 | - | - |