-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『白皙』/五百香ノエル(須賀邦彦) | main | 2007年上半期 worst 5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007年 上半期十選集
昨年も同じ企画のときにもあっという間に半年が過ぎたと
書いていたのですが、今年も同様でした…。
時間を早く感じる能力だけ成長するのかしらん。

さて、今年も六月までの上半期 Bestをお送りいたします。
今年の1〜6月に発行されたものではなく、
自分が読んだ中でのベストですけれども。

今年の六月末日での読書数は、193冊。約1日1冊ですね。
忙しい割にはしっかりと読んでいることにちょっと驚嘆。
コミックは今年から数え始めたのですが、99冊でした。
コミックは手軽に読めるせいかかなり増えました。

今年は小説とコミック、両方とも十選発表です。
それでは以下、どうぞ。



小説編十選(順は今年読んだ順)
・『エス』シリーズ/英田サキ
すみませんねえ時代遅れで、読んだの今年なんです……!
やっぱりこれはBL界の刑事もの随一のお話でしょう。

・『吸血鬼と愉快な仲間たち』/木原音瀬
木原音瀬さんのコメディタッチは軽妙かつどこかウィット。
続編も近いうちに出るそうで、今のうちに予習しておくべし。

・『DEAT HEAT』/英田サキ
完結編は後半となってしまったのでこれだけランクイン。
英田さんの焦らしが巧い、ハリウッド的な面白さのBL。

・『朱い熱』/橘紅緒
私立櫻丘学園高等寮三部作で一番好きでした。
言葉遣いの独特さが自分の感覚と合っていました。

・『夢の卵』/鷺沼やすな
鷺沼さんの小説に出てくる登場人物たちはクレバーすぎて
ついていけない時があるのですが、これは楽しめました。

・『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏
ヘタレオヤジベストと言い換えても良いでしょう…。
大人による大人のためのBLでした。

・『奇跡のオブジェ』/水無月さらら
オリジナリティあふれるプロット…タクミくんシリーズより
こっちを実写化して欲しい。見る人少ないかもしれませんけど…(笑)

・『ブライトン・ロック!』/椹野道流
地味ながらも、イギリスに連れて行ってくれる作品。
旅のお供にしたら楽しいと思います。

・『帰宅』/剛しいら
耽美からBLへうつりかわる前の剛さんのメッセージ性の強い作品。
アホ話も好きですけれど、こういうものもたまには好き。

・『秘密』/木原音瀬
一番何かを考えさせられた作品。BL読んでこんな気持ちに
させられるのは木原さんの作品だけのような気がする。

小説編雑感:
昨年の「箱」「檻」ほどの心の琴線をかき鳴らすような
作品とまではいかないものの、やはり面白い木原さんと、
派手な設定ながらその細やかさが設定を助け、また、
焦らしが効果的に働いていた英田さんの作品が
重複してしまいました。自分にうそはつけない…。

あとはどちらかというと落ち着いた話が多め。
精神的に疲れているのかしらん…。


コミック編十選
『恋する暴君』シリーズ/高永ひなこ
・これは文句なしに入るでしょう。
 個人的には今年の高永フィーバーのきっかけでした。

『未来の記憶』『風の行方』/国枝彩香
・普通であることの難しさを考えさせられました。
 美麗な絵でないけれども質感のよい絵風も大好きです。

『不器用なサイレント』/高永ひなこ
・単純に萌え!という意味では一番上に来ているかも。
 ちびキャラが可愛いのはとてつもなく卑怯だと思います。

『どうしようもないけれど 1』/夏目イサク
・リーマンマンガの傑作と呼んじゃいましょう。
 深くは無いけれど、細かく作りこまれたリーマンもの。

『幻月楼奇譚』/今市子
・今市子さんならではとしか言いようがありませんね。
 どこにでもいそうなのにいないユニークなキャラクターが素敵。

『仮面ティーチャー』/京山あつき
・ショタコンティーチャーの苦悩を書ききった作品。
 モノローグのポエムが素晴らしいの一言に尽きる。

『月とサンダル』/よしながふみ
・別格なんだなあ…BLに女の子が出てきても無条件に許せるのは、
 よしながさんと月村さんだけのような気がします。

『楽園まであともうちょっと』/今市子
・今市子さんが2つ目になっちゃった…これまたどこかに
 いそうな人間の、さまざまな側面がプリズムのように美しい。
 これも旅のお供にしたいですね。

『前略』/トジツキハジメ
・文学っぽいのが好きな人にはたまらんと思う珠玉の短編集。
 純文学好きでない私が言うのもなんですが、表題作以外の
 湿り気を帯びた他作品は日本人ならではのお話だなあと思います。

『夢見る星座』/草間さかえ
・草間さかえさんを読んでいなかったら、私の
 BLコミック人生(そんなんない)の2割は損していたはず。
 夢見る星座はぜひ己の手で確かめてみましょう。

こちら純粋にマンガとして楽しめる今市子さんと、
BLド直球の高永ひなこさんが重複する形となりました。
どっちも好きなんだよ、というのが選び方からして
見抜かれてしまいそうで怖いですね(笑)
コミックをあと1冊入れるならトジツキさんのを入れたいかな。

以上、今年の上半期十選でした。
下半期はどんな作品に出会えるかな……?
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2007年 | 20:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - |