-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 元気の源 〜妄想プロット日記 | main | 2007年7月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『初恋の病』/トジツキハジメ
ダリアコミックスを「欲しい!」と思って買ったのは、
かなり久しぶりのような気がします。

そもそも、ダリアの発売日をよく知りません。
他に知らないレーベル……コミックならアクア、ガッシュ。
文庫ならあのもえぎ文庫が筆頭ですかねえ。
買い物リストを作る過程で大抵覚えてしまうので、
上記のところは大して買っていないということですね。
レーベルのブランドを作るのって大変だなあ。

さてそんなダリアですが、やはりトジツキさんのは良い……。
表題作と、書き下ろし作が素敵でした。
短編集なので軽めに感想です。



『初恋の病』/トジツキハジメ
フロンティアワークス (2007.6)
[Amazon] [BK1]






『初恋の病』
事故の後遺症で初恋の相手・萩生が見える幻視症状が出ていた綾瀬。
思いを引きずりながらも医師の勧めにより手術を受けたが、
彼が見えなくなったことから郷里が懐かしくなり、故郷に
戻った綾瀬が出会ったのは、死んだはずの萩生だった…。

これは…素敵なトリックですね。
ネタバレはつまらない話だと思うので、多くは語りませんが、
綾瀬が持っている気持ちが、病的な萩生への妄執だと
自覚していることによって成立するトリックだなあと感嘆。
「わかんない…」と言われショックを受けている萩生ですが、
これからきっと美味しい展開になるのでしょう…ムフフ。
静かに効いてきます。


『列車で始まるミステリー』
「きみの好きな鉄道は何かね?」
豪華寝台特急のウェイター曽於は突然きざっちい中年の男に
そう声を掛けられた。それはミステリーの始まりだった…。

鉄道マニアことテツ同士のお話。
はっきり言ってその方面は話が分からないです(笑)
ただ、好きなんだなということはよく伝わりました。
アタクシたちBL好きと一緒よね……!(ほんとかよ)

さて、このお話の素敵なところはキザな男こと手代木。
紳士なんだけれどテツで決めポーズをとりまくり、
そして名言「列車で始まるのは恋とミステリーだよ!」。
なぜか大げさな動きが頭の中で御手洗潔とかぶってしまった、
変人なんだけどおっかしくて愛おしいオヤジでした。


『きつねつき』
狐使いの一族と、使い魔の狐のお話。
BLな関係にも発展しそうに無いのですが…
「叶わない事ばかり考える 考えてはならないことを考える」という、
狐のしろのモノローグが切ない…最後までやっちゃえ!(笑)

『草木弥生月譚』
誰とも組もうとしないバイオリン科の先輩・廻谷に
唯一組んでみたいと言われた和知。自惚れて舞い上がって
告白した和知に廻谷は「黙ってついて来てくんない?」と
ひとつお願いをしてきた…。

あらヤダ、私の好きなドヘタレワンコです。
もっとがっついてくれてもよかったんだけれどなあ…。
今回の作品はHなし縛りなんでしょうかね?

『幸せな人』
突然告白してきた小宮が突然いなくなって早四年…、
社会人になった大阪谷のもとへ小宮がまた突然現れた!

ちょっと国政っぽい大阪谷のことが不憫…。
置いていかれるほうが能動的でない分、きついですよね。
言葉が通じない相手って大変と思ってしまいました。
本人幸せならいいですけれども。

『絶句』
俳句誌を 志望していた 編集者 
沓掛(くつかけ)に 隣の席の 五知(ごち)が言う
「五七五 勝負しようぜ 金かける」

おそるべし ボーイズラブで 五七五。
そんな感じで五七五で進んでゆくお話です。
このまえのエロとじの山藍さんの四字熟語はきつかったですが、
この五七五勝負はすっごく楽しかったです。
逆にイマジネーション広がるんですよね〜。
最後の落ちは…確かに絶句だ。


『手紙』よりはドグワァーンとは来ませんでしたが、
それでも一人でゆっくりと読み返したくなる作品でした。
エロが一切なしでもね!
心だよ 体じゃないよ ボーイズラブ (1字あまり)。
| [BL・コミック]トジツキハジメ | 21:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |