-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2007年7月新刊購入予定リスト | main | バーゲンの利用法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Baby VOL.2 ヒゲ特集』/アンソロジー
ここのところ、アンソロや短編集の感想が多いですね。
手短に書くほうが自分としては難しいのですが…、
作家側としてはどうなんでしょう。
短編のほうがやりやすいのかな?それとも、
ページが短すぎて難しかったりするのかしらん。
マンガなんぞ描けないのでその辺の苦悩は知りません。
そして苦悩も知らず勝手なことを言わせて頂きます(笑)

さて、こちらのアンソロジー、えすとえむさんの作品が
600円の同人誌であとは200円の合同同人誌だ、
と思えば安かったです。(ひどいいいぐさ)
各作品への軽めの感想は以下です。



4893935070
Baby Vol.2 (2007/6)
[Amazon]

表紙が無くってすみません。
掲載順に羅列していきますね。

・『青く光る果実』/みゆき朗
…ヒゲじゃないのもあるんですね…サ、サギッ!
あたくしのヒゲへの愛を侮辱しているとしか(壊れた)
作品は…う〜…光ってるものが好きって、烏と同レベルよね。

・『王様組曲』/舞妓マリー
…BLでもないのね…サ、サ(略)
同人誌のシリーズか何かなのでしょうか?
残念ながら背景がまったく分からず、評価不能です。

・『ひっくるめてないちゃって』/ジョンジョン
この絵は…雁須磨子さんか…?読み込んでないから
分かりませんがタッチがそっくりというか同じ。
お話も結局なんだったのかよくわからずじまい…。

・『男子校のススメ!』/杉浦サト
唯一の四コマ。絵は整っているけれど、BLじゃないじゃんね…。
笑いをとるならもうちょっと毒がほしいところです。

・『CAFE HICKORY HOUSE』/Gun
ようやくまともに感想を書く気になった作品。
ブックカフェ(夜間には読書家の集う集会所)のマスターと
常連さんのお話。全体的にごつい(特に指が)けれど、
独特の絵の感触と細やかさがあっていいですね。
おとなしい話ですが、場の雰囲気と合っていてよかったです。
ちなみにヒゲはマスターのアゴにあり。腕毛もいい感じ(笑)
コーヒーが飲みたくなりました。…飲んでこよう(本気)。

・『子供の手』/小松佳代
絵が整っているのに弱い。せっかくのモノローグや余白、
セリフの言いたいことはわかるのに、もったいない…。
…私はどこの評論家なんだ。

・『キスと花束』/天野瑰
村野犬彦の絵を現代的にしたみたい…
(村野犬彦、知ってます?世に出るのが10年早かった…!)
お話も花が出てきたり微妙にハードボイルドっぽかったのが
それを思い出させました。このお話のヒゲはかっこよかった。

・『恋のデリバリー大作戦』/手越原徹
すみません、感想を抱くことができませんでした。
…だってつまらないんだもん。

・『イタいのはイヤ!』/マグコ
オヤジとケツ毛を取り扱うなら内田かおる先生に
弟子入りしてください。侮辱です。

・『女々しい。』/北別府ニカ
ようやくヒゲの醍醐味、感触について(わずかに)触れています。
確かにヒゲの感触って残るんだよね…。
ここまでのってヒゲがアクセサリーにしかなって
いなかったことに気づいてしまいました。

・『女優には向かない職業』/西つるみ
芸能界話。新人×社長。絵とお話のバランスはとれていて○。
しかしヒゲについてはなにも触れなかったので減点。
減点できるだけましとも言えるけれど。

・『青少年髭漂流記』/恋煩シビト
うう〜ん、これこそ髭特集ならではよっ!息子より女性を
優先した父がトラウマになってるのはありがちだけれど、
父の髭がこすれた時が懐かしさを感じる瞬間に
なっているのはいいなあと思いました。
高校生にしてヒゲオヤジのみを愛す青年…美味しい話でした。

・『サルビアと理髪師』/えすとえむ
これをトリにもってきて正解ですね。他のピーなのが流れるから。
50代後半の男性(隆ちゃん)が花を手に、床屋を訪れた。
理髪師で高校時代から親友の満男(みっちゃん)の亡き妻にして、
これまた高校時代からの二人の友人だったユリの、
ささやかな10周忌のためだった…というお話。

50代後半と美味しいオヤジの年齢の上に、
親友同士が年とともに育んできた親友同士のみが
持ちゆるシチュエーションがてんこ盛りなんですよ!
たとえば、みっちゃんが隆ちゃんの髪の毛を切るシーン。

みっちゃん「…しかし 少なくなったな」
隆ちゃん「…うるさいな」
(略)
みっちゃん「…白髪が増えたな」
隆ちゃん「…年だからな」

今まで付き合ってきた年数があるからこその軽口と、この間合い!
ヒゲの扱い方も、髪の毛の「約束」と呼応した形で、
「願かけ」が叶うまで、と言う設定が最後まで
作用している(本命と結ばれるまでずっと残しっぱなし)し、
そして最後のプロポーズと返事が…ああもう、すごい!
言葉で説明できない気持ちがこみ上げてきます。
これだけのために買ったのだとしても損だとは
決して思わない、思わないんだからね!

えすとえむさんのは単行本になったらぜひまた読みたいです。
えすとえむさんファンの方にはオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |