-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バーゲンの利用法 | main | トンデモBLの分類 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ヤクザとネバーランド』/砂原糖子(高城たくみ)
久々に読んだヤクザものでしたが、あまりアウトローな
人々ではないし犯罪もしなかったので(傷害はあるが)、
これはヤクザものと定義してよいものなのでしょうか。

それにしても今更ながら、ヤクザものという定義自体が
恋愛小説?のジャンル内において存在していることが凄いです。
アラブや医者はまだ外国のロマンス系でもありそうですが、
ヤクザはBLでしかみられないですよね…
腐の妄想力、おそるべし。(もちろん自分を含めて)

まあそれは置いておいて、感想です。




『ヤクザとネバーランド』/砂原糖子
幻冬舎 (2007/05)
[Amazon]


★あらすじ
広告代理店に勤める奈木蝶也(なぎ・ちょうや)のもとにヤクザが来た。
離れて暮らしていた花畑組組長の父親が亡くなり、二代目を
継いでくれと迫る組員にヤクザ嫌いな蝶也は断るが、組員の中に
ひとつ年下の幼なじみ、枦山堯平(はぜやまたかひら)がいて…

*   *   *   *   *   *

先に述べましたとおり、ハードなヤクザものではなく
ほのぼのヤクザものです。事務所が巣鴨にある時点で
お里が知れるってやつですよ。
『椿○課長の七日間』のヤクザたちを思い出してしまいました。
同じ山手線なのに新宿と巣鴨の差は凄い…。

しかし私としてはこの点は減点になりません。
なぜなら無駄に抗争があって攻めが助け出す典型的な
ぬるい展開のものよりは全然いいと思いますので…。
リーマンで言う何の仕事かよく分からない大手商社よりも
違う味のある会社のほうが楽しいようなものです。

かといって見せ場が無いわけではありません。
ただ攻めの見せ場ではなく受けの見せ場なんですがね!
始めは一般人です〜、みたいな振りをしていた蝶也が
中盤でぶっとんで、ヤクザの血を引いているのが
思いっきり証明された事件が意外で面白かったです。
この小説の一番の見せ所でした。

それ以降に堯平への口のきき方やら態度が女王様ぽく
なったのも砂原さんの意地っ張り受けらしくてよかったかな。

逆に攻めも始めはヤクザの血筋で強面だけにきつい性格かと
思っていたら、一途なヘタレワンコ風でした。
あ、単に感情の起伏が乏しいために相手の感情に鈍いから、
ヘタレというよりも『箱の中』の喜多川のような感じ。
仕事の面では組で一番できる経済ヤクザなのにね…。


ほのぼのなのにヴァイオレンス風、2人の関係性の逆転、
さらに付け加えるなら幼なじみエピソード。
これらの要素はかなり楽しんで読めました。

しかしそれの元になる思考の転換がちょっと苦しかった…。
砂原さんのルチルはこの思考の転換方法が多いと思うのです。
『センチメンタル・セクスアリス』しかり、
『夜明けには好きと言って』しかり。
それは「自己否定による記憶のすりかえ(ネタバレ)」。
月村さんのように人とのふれあう中で視点が変わって
思考が転換するのとは違い、劇的なトラウマが弱いと
使えない手だと思うので、今回は苦しかった…。
ヤクザの血をそれほど嫌っていた象徴なのかもしれませんが。

それを除けば大体は満足できました〜。
ルチルの砂原さんを読んだことが無い方は1度はどうぞ。
| [BL・小説]砂原糖子 | 21:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |