-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ヤクザとネバーランド』/砂原糖子(高城たくみ) | main | 『水曜日の悪夢』/夜光花(稲荷家房之介) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トンデモBLの分類
いまさら言うまでもないですがトンデモなBLが好きです。
しかしトンデモの美味しさが分かってきたのは最近なので、
トンデモについて語れるほどの知識がありません。

そんな私ですが、僭越ながらトンデモな作品/作家にも、
いくつか種類があることは分かってきました。

1つ目は、ナンバラン系…もとい暴投系。
受けの口癖が「壊れちゃうよおっ!」「やあんっ」などの、
読んでいて痛々しい香りのする系列ですね。
アホポルノ系と呼んでもいいかもしれません。
これは私の好きなトンデモではありません。

2つ目は、水無月さらら系、もとい変化球系。
設定やら人間が必ずどこかおかしいのだけれど、
暗い気持ちにはならず、笑って楽しめる系列です。
感想を書いていても楽しいのでこの系列はよく書いています。
吉田珠姫さんもこの系列に属していますかね。

3つ目は、トンデモかどうかは微妙ですが、木原音瀬=剛速球系。
とことん恋愛心理の後ろ暗い部分を照らしまくり、
時には肉体的にも精神的にもハーデスト。
この系列は木原音瀬さん以外には存在しません。
比較的近いのは五百香ノエルさんあたりかと思いますが、
恋愛感情の暗い部分と言うより人間が暗いのでまた違う気もします。

そして4つ目は、綺月陣系、もとい魔球系。
性格がおかしいとかそういうレベルではなく、
精神が壊れた人が登場し、肉体的にも痛い系列。
どちらかというと、耽美寄りのタイプですね。
(樹生かなめさんは2と4の中間に位置してるかな?)

そのように考えているのですが、そんな中、
4のタイプに凄い作家がいると聞きました。
その名は西条公威(さいじょう きみたけ)。
聞いたところによると、危険なときの綺月陣さんにも
勝るとも劣らないだとか。…う、やばい、読みたい!

この4つ目のタイプは思い出すのが苦痛だったりするので
感想を書くことがめったに無いんですが、嫌いじゃあ
ないんですよ…ていうか好きなんだよ…。
何で読むんだか分からないんですが、好きなんです。
気持ち悪くなったりするのに読みたくなるってのは、
ジェットコースターに乗りたい気持ちのようなものなんでしょうか?
ジェットコースターは酔うので乗らないからわかりませんが…。

こうやってみるとBLの幅って広いなあ…。
そういやアンケはがきに「どんなものが読みたいですか?」と
相対的な評価尺度を用いていたのがありましたが、これが迷う。
「暗い話← ← ← → → →明るい話」
…どっちもなんですけれど。

それはさておき他にもこいつはヤベエ!という
トンデモ系列の作家さんがいたら、お教えくださいね。
1の暴投系以外のタイプを希望です。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 00:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:50 | - | - |