-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トンデモBLの分類 | main | 『白皙』/五百香ノエル(須賀邦彦) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『水曜日の悪夢』/夜光花(稲荷家房之介)
これは水曜にアップしたかったのに…帰ってみれば
日付が変わっている生活なんてよくないと思います。

それにしてもおどろおどろしいタイトルつけちゃって、
イヤでも金曜日のあの映画が思い出されちゃうじゃないですか。

ホラーを好きな人って凄く健全ですよね。
恐怖に取り込まれないだけの精神力があるんだから…。
私はホラーを見ると、自分が殺人鬼側に回ってしまい、
発狂する夢などを見るのであまり見たくありません。
でもBLなら読んじゃうんだな…。

でも中身は金曜日のアレというより、
北○薫さんのある著作に似ていました。
以下、ネタバレ気味感想です。





『水曜日の悪夢』/夜光花
海王社 (2007/06)
[BK1] [Amazon]




★あらすじ
高校の音楽講師を務める元バイオリニストの和成(かずなり)。
不慮の事故で弾けなくなった和成は、教え子である真吾の
類まれなる才能に惚れこんでしまう。強面でガタイのいい真吾の内面が
意外に可愛いと分かり始めた頃、真吾が父親からの
虐待を受けていたことがにわかり、教師としての
枠を超えて、預かることになったのだが…

*   *   *   *   *   *

すごくやきもきさせられました。
あの…攻めと受けがいじらしくて、はやくくっついちゃえ!と
いうわけではなくて、お話自体の展開に、です。
和成ははっきり言って最初のうちは教える人に多い、
自分の夢を継いでくれることしか考えていないタイプで
ちょっといけすかなかったのですが、突然真吾が
殺人事件を起こしてその夢を打ち砕かれてしまうのです。

いけすかないけどそこまで別に落ちて欲しかったわけでは
ないので不憫やなあ・・・と思っていたら、プレイバック。
時が戻ります。夢オチかよ!ちょっと待って!
と叫んだのもつかの間、今度は蜜月タイムになり、
うーん、まあこのラブラブっぷりのためなら
夢オチでも許してやろうかな(何様)と気が変わったとたん、
また攻めと和成はどん底(片方死ぬ)に落ちるはめになり、
夢オチでしょ?夢オチだと言って!プレイバック!
と口に出さずにはいられなくなってしまいました。
夢オチを真剣に願ったのは初めてですわ。

(どうでも良いんですがプレイバックってエロい言葉ですよね)

まあ、厳密に言うと夢オチではないのですけれどね…。
一応種明かしというか、和成のそのことに対する解釈が
ラストにつながる形で語られるのですが、絶対にこれ、と
断定してはいないので、むしろこの場合は北村さんの
「ターン」に近いお話だったのかな、と。
あ、北村さんはBL作家ではないのであしからず。

この最後のオチと和成の解釈は好みが分かれるかと
思いますが、私は嫌いじゃないです。
オチのおかげで、その先に幸せな絵図が描けるという
利点もあるし、BLに愛がなかったらお終いだし(笑)

真吾の重いけれどひたむきな愛情をそこまでに見てきた分、
そのラストでもいいかな、と思わせるものがありました。

また、この真吾がさ…若さあふるる感じで良いんですよね。
若者らしさの出た濃いHもいつもと違う感じで良かった…。
夜光さんがあとがきで若者らしさを出してみた、と
書かれてましたが確かに出てますよ!十分に!
しかも設定と外見的には稲荷家さんの絵も手伝って
かなり男くさい感じが出ていて…まあ、ツボってことです。

和成も音楽に対してはひたむきだし、最終的には
応援したくなるような印象を受けました。

音楽コンクールなどが開催される、もうちょっと先まで
読みたかったのですが、翻弄されながらも楽しく読めました。
凍る月といい、ちょっと作風を変えた作品もいいですね!

ちょっとネタバレすぎましたかね?
それでも気になる方はどうぞ〜。
| [BL・小説]夜光花 | 01:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:19 | - | - |