-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『水曜日の悪夢』/夜光花(稲荷家房之介) | main | 2007年 上半期十選集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『白皙』/五百香ノエル(須賀邦彦)
白皙:肌の色の白いこと。「―の美青年」

という意味なんですね。なぜかセルフイメージでは
頭のいい人、という意味合いがありました。

この作品でも白皙の人はある方面においては
日本一と言ってもよいくらい頭がよかったです……
が同時に、全体的にはかなり頭がおかしい人でした。
天才と馬鹿は紙一重とはよく言ったものですね。

おそらくこの白皙の人についての感想にしか
なりませんが、以下感想です。




『白皙』/五百香ノエル
(2004/12)
[Amazon]


★あらすじ
将棋界の若手の頂点に立つ冴えた美貌の天才棋士・朱莉(しゅり)。
その朱莉に尊敬と嫉妬を抱く新人棋士の葉司(ようじ)は夜ごと抱かれていた。
三年間、朱莉の激しい求愛を拒めず苦悩し続ける葉司。
けれど、朱莉と対戦する日のために今は負けられない…。
着々と段位を上げる葉司だが、初めて黒星をつけてしまい…!?


*   *   *   *   *   *

冷静沈着で、若手棋士ひいては棋界全体の頂点に立とうとも
している美貌の棋士という完璧な棋士としての側面と、
嘉村にな途轍もない愛情を注ぎまくる朱莉の阿呆な
二面性が笑える…いや笑えないぐらいにおかしい。
その壊れっぷりは、抜粋してみるとよくわかります。

「(略)…私は君を手放すつもりはない。君も狂いたまえ、
煩悩のままに、嘉村君、嘉村君、嘉村、葉司」
「生きていても、君がいないなら、死んでいるのも同じことだ。
だから別に、僕が死んでも、同じことだろう、君にとっても、僕にとっても」

怖ぇー!「嘉村君」以下のリフレインが怖いよ。
しかも狂っていることを自負しちゃってるのが凄いです。
これが相手を口説くためであれば、BLの攻めとしては
まだ分かる範疇ですが、真剣(?)に壊れた結果として
漏れ出てくるセリフなので余計性質が悪い。

壊れっぷりは尋常でなく、葉司以外には愛情も示さないし、
妻など人間はおろかペット以下、家にいる存在としてしか
認識していません。(いわばまっくろくろ○けレベル)
なのに棋界の若手最強として、三冠もとっている。
もう…このアンバランスさとインパクトが強すぎです。

しかし朱莉の性格に無理が無いのがさらに凄い。
朱莉の性格の核に揺らぎが一切無い強さがあるせいでしょうか。
葉司が朱莉との棋士としての張り合いや、
恋愛や不倫の関係の中でジレンマに陥るのに対し、
彼は、「結婚は流れ、将棋は宿命、嘉村は運命」と
何においても、一切姿勢を変えないために統一感があります。
(1回だけ調子崩しますけど)

いっそここまで迷いが無いと潔いというか……
超変人としてスッと受け入れられてしまいました。
そう、エセ天然ボケは受け入れられないけれど
総天然ボケは受け入れられるのと似ている感覚です。
変人行為に作為が感じられないのがいいんです。


……朱莉があまりにインパクトが強すぎたので、
ほかの人物にほぼ触れていませんでしたが、
葉司も比較的常識人として対比でいい味出してましたし、
葉司の師匠、朱莉の妻などなど、みんな個性的でありました。
この人の書くキャラの性格って、イヤーな意味で
凄く日本人らしいというか、湿度がありますよね……。

少し残念なのは、2人が将棋を指すシーンを
もっと書かれていたらよかったのになあ。
まあ、すでに人物でおなかいっぱいなので良いんですが(笑)

こんな激濃いキャラを読みたいときはオススメです。

P.S.
オススメくださったケイシさん他皆様、ありがとうございました。
| [BL・小説]五百香ノエル | 20:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |