-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ピジョン・ブラッド』/吉田珠姫(門地かおり) | main | 箇条書きでBL雑談 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ロマンスの黙秘権 1』/うえだ真由(あさとえいり)
ここ何回か、感想がBL小説の感想ばかりです。

小説書いたらコミック、コミック書いたら小説と
バランスよく書きたいのですが書けない。
面白いものがバランスよく見つかることは少ないですし、
もともと読んでる量が違うんだから仕方ないですけれど…。

だったら今までに読んだ名作を書けやコラ、と
言われないうちに今日もBL小説の感想です。




『ロマンスの黙秘権 1』/うえだ真由
新書館 (2007/06)
[Amazon]


☆あらすじ
エリート事務所から実家の事務所に移動するまでの間に、
恩師の紹介で貧乏法律事務所に助っ人に来た弁護士の准己(じゅんき)。
上昇志向の強い准己は気はまったく進まなかったが、結局は引き受けた。
その理由は一つ、卒業後もなぜか忘れられずにいた
大学の同級生・啓(けい)が勤めていると聞いたからだ。
だが想像以上に仕事内容はお粗末、環境は劣悪で、
肝心の啓とも方針が合わずに口論ばかりするように……

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

私、逆転裁判のおかげで裁判ものが好きになったのですが、
あんな派手ではない、地味な離婚やら国選弁護ばかり
担当している事務所が舞台となっております。

地味とはいえ、世界を股に駆けるスーパー弁護士しか
いないようなBL界では逆に新鮮で、日常的にありうる
仕事の描写を楽しみたい方にはオススメです。
洋物の派手な法廷ものではなく、以前ドラマでやっていた
「離婚弁護士」みたいな、題材はチープなんだけれど
丁寧に取材している感があって楽しめました。

そういえば最近、うえださんの印象が変わってきました。
以前は「切ない」系オンリー(いい意味でも悪い意味でも)の
作家だと思っていたのですが、『恋の行方は天気図で』といい、
この作品といい、仕事描写も楽しめるものが増えた気がします。
ワーキングシーンが好きな私には、とても嬉しいシフトです。


さて恋愛面をみてみますと、面白いことに攻めだけの視点で
進んでゆくのですが、この攻めが結構なヘタレなのです。
啓は准己のことを『生意気で勝気で自信家』と評します。
……か、勘違いしてはなりません、啓!(By月影)

確かに客観的に見ればエリートのくせして貧乏事務所に所属して、
しかも出て行かないという、わけのわからん男・准己。
しかし内面から見れば「啓がいるから」という理由だけで
事務所に移動し、やめようと思いつつ離れられないというヘタレ。

おまけに、仕事の面では何やかんやと啓に口を挟むくせに、
肝心かなめの恋愛面ではなかなか言葉にできないのです。
ヘタレというより恋する乙女に近いかもしれません。

仕事はバリバリできるし、恋愛経験もちゃんとあり、
かつ『身長180cm強、適度に筋肉に覆われた』攻めなのに、
この攻めあぐねている感じが……、なんだかアンバランスで
可愛いと思えたのは私だけなのでしょうか?(笑)


対して啓の性格は真面目、融通が利かないタイプ。
また、仕事に対しての情熱は人一倍、頑固でも意地を張らずに
自分より仕事のできる准己の助言を素直に受け入れる。
純粋ゆえなのでしょうが、なかなかできることではありません。
社会人として見習わなきゃいけない、重要なスキルですね。

そして裏では、これも純粋だからなのだろうけれども、
啓に惚れている准己に、揺さぶるような発言を繰り返します。
まったく、天然の小悪魔ってヤだわー(にやにや)。


攻視点の話は、どれだけ受を好きなのかが伝わらないと、
即アウトだと思います。この作品では、
「軽くヘタレ+天然小悪魔→ヘタレのやきもき」が
明確に見えていたからこそ、面白い作品なのかなと思いました。

そんなお話がお好きな方にはオススメです。
8月の続編も楽しみ。
| [BL・小説]うえだ真由 | 23:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |