-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ロマンスの黙秘権 1』/うえだ真由(あさとえいり) | main | 『ウホッ!いい男たち ヤマジュンパーフェクト』/山川純一 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
箇条書きでBL雑談
久しぶりの日記なので、こまごまとした話題を。

■『腐女子マンガ体系』をようやく読み終わりました。
 片手では持てないし、家で読むとのび太君になっちゃうし、で
 読み始めてから3週間、かなりロングスパンでした。

・内容がジェンダー的解釈の部分が多いうえに、的を得ていると
 思ったのが一握りだったので、文庫2冊に交換したい気分です。

・特に香山リカさんのは逆だと思いました。
 恋に恋するお年頃ならまだしも、20代〜30代以上になっても
 妄想や想像の世界の中心に自我を持ち込んでいる
 人のほうがあまりいないと思うんですが…いかに。

・しをんさんと九州男児さんの対談/インタビュー、
 バイブル50、草間さんの表紙は得した気分です。


■以前役者ものの話題(だったかな)でオススメされた
 『GOING TO HELL』/つづき春の1巻目を古書店で発見し、購入しました。
 1回オススメされると、古本屋などでちらっと見ただけでも
 目に付いたり、思い出して買う気になったりします。

・自分のBLの感想が、読んだ人にとって、そんなような
 タグ機能として認識されたならばとても幸せです。

・あ、『GOING TO HELL』は面白かったです。役者の気難しさと
 プライドと恋心が交じり合っているのがなんとも良いですね。
 続きを読みたいです。


■タクミくんシリーズが角川夏の100冊に入ったそうですね。
 確かにBLにおいては古典ですが…カンベンして欲しいです。

・腐女子自体は物陰に隠れたいのに、なぜか周りから
 日なたに引っ張り出されるこのごろの傾向ですね。
 差別/偏見はされたくはないけれど、おおっぴらに
 「市民権をくれ!」とは思わないのに…時代の流れかしらん。


■タクミくんシリーズに続き、紺野けい子さんの『愛の言霊』が
 映画化ときいてスタッフを見たところ……ふーん、へー。
 ……コミックのほうが絶対に面白いだろうなあ。
 実写は実際無理があると思いますし、どこのどいつの
 需要をもってして実写化するのか、とても不思議です。
 
・しかし主演がオダ○リジョーだったらなんとなく
 許してしまいそうな自分も不思議です。


■紺野けい子さんといえば、去年の9月に出るはずだった
 新刊はどうなってしまったのでしょうね。

・ついでに紺野けい子さん挿絵/ひちわゆか著の、
 『今宵、雲の上のキッチンで』を復刊してもいいと思うんですが、
 どうなんでしょう。リブレの新装版の基準がわからないです。


■夏の100冊という位ですから、学生は夏休みだそうですね。
 それにあわせて今年も一般小説の腐的読書感想文を
 夏休みの間に3〜5冊ほど書きたいと思っています。
 やれるかどうかはわかりませんけれども……。


■ニコニコ動画にて、おお振りの最新話が一般向けと腐向けとに
 分けてアップされている(腐向けは有志により)のを見て、
 凄いことになっているのだなあ、と驚嘆しました。

・しかしなぜか腐向けのほうが落ち着いているという矛盾。
 まあ、あのBLネタはどうみても偽者が多そう。
 本物の腐は、一般人がいるところでは大抵隠れてますからね。

・先ほどの物陰に隠れて、迷惑にならないように
 楽しみたい傾向の象徴のような気がします。

・内容的には、『狙い撃ち』→阿部隆也ソングと
 桐青のタミフル応援ダンスに20分ほど爆笑。

・歌詞職人に敬意を払いつつ歌詞を抜粋いたします。

・阿部隆也♪ 阿部隆也♪ 首振る投手は大嫌い〜♪
 自重〜しない〜阿部隆也〜♪ 声が〜エロい〜阿部隆也〜♪
 すぐに〜キレる〜阿部隆也〜♪ この世は隆也の為にある♪
 た〜ま〜に電池が〜♪ 切〜れ〜ているけど〜♪
 気〜〜〜〜〜にしない〜♪ それが阿部隆也♪

・すげー、拍ぴったり!こういうセンス、大好きです。
 

■昨日、『あしたのきみはここにいない』/崎谷はるひ を
 仕事帰りに電車で読んでいたら、挟んであったチラシが
 はらりと舞い、左斜め前の座席で眠っている
 女性の足元へ落下してしまいました。

・よりによってやまねあやのさんのいかにもBLな紙…!
 さっさと拾いたいけれど、女性の目の前に屈まないと
 取れない位置で、足を出して引き寄せようにも
 座席のかなり深めに落ちてしまったため怪しい。

・痴漢と思われたら嫌だし、かといって早く拾わないと
 左の酔っ払いが無駄に気を利かせて取ってくれても困る…。

・結局次の駅で女性が降り、隣の酔っ払いが座るその前に
 電光石火で拾うまで、ぐるぐると考えて気が気ではありませんでした。

・あのチラシって広告とはいえあまり要らない気がするんですが…。
 今度からはチラシは抜いておこうと決心したのでした。


■今日、イーブックオフを徘徊していたら、探していた
 かわいゆみこさんの『猫の遊ぶ庭』の続刊があり、
 かごに入れたのですがレジに行ったら『在庫ありません』。

・………誰?誰なの私の(とは限らない)本を奪ったのは!
 Amazonで買ったらユーズド価格で1,800もするのに!

・こんどからは欲しいものがあったらすぐレジへ行こうと思います。
 送料無料のために徘徊するんじゃなかった。

以上、BLに関するとりとめのない雑談でした。
以外に長くなったな…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 19:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:02 | - | - |