-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 箇条書きでBL雑談 | main | 2007年8月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ウホッ!いい男たち ヤマジュンパーフェクト』/山川純一
この本の感想を書いているところはあるのでしょうか。
あまり無さそう……、何てったって5000円だからね!
それだけに分厚さも半端じゃありません。(↓)



B-boy Phoenix<おお振りDVD-BOX=ヤマジュン<類語辞典
という式が成り立つくらい、574Pは辞書並みの存在感があります。
まったくもう、隠すのが大変です。

くそみそテクニック(あまりにも有名な阿部さん登場作品)や、
地獄の使者たち(小早川大尉登場作品)は確かに強烈な
キャラで面白いなのですが、奇想天外というか、
トリッキーな作品が個人的には好きなので、
そちらを以下で3つほど挙げるといたします。




『ウホッ!いい男たち ヤマジュンパーフェクト』/山川純一
ブッキング(2003.11)

[Amazon]


1・『快楽の罠』----------------------------------------
上司の命令で男相手にセックスをしている高杉は、
今日もおもちゃメーカーの社長の所へ派遣される。
そのおもちゃメーカーの社長がセックスする前に、
高血圧の薬を飲もうとしてトランクから取り出したとき、
トランクの札束の山を見て、こんな生活に飽きていた
高杉は社長を腹上死させて金を奪おうと試みる……
----------------------------------------------------

こ、こんなストーリー、見たことが無い。
ポルノ的要素は満たしてはいるものの、恋愛感情も
相手に対する純粋な性欲も存在しない男を主人公に据えるとは!
BLでも耽美でもゲイコミでもできない展開ですよね。

しかも、腹上死させたところでお金を盗んだとしても
すぐにバレるのでは?と思っていたのですが、
そういう普通の展開の想像は無意味でした。
こんな顛末も読んだこと無いです。

これがヤマジュンがBLでもゲイコミでもない、
『ヤマジュン』というジャンル足り得る証なのでしょう。


2・『絆』----------------------------------------------
妻を亡くして一人暮らしをしている『私』のもとに、
週末になると一人娘の良子と婿の三ツ瀬君が父の
一人暮らしを気にかけて家にやってくる。
彼らは私を老人性痴呆症と思っているらしいのだが、
尋ねてくれるのを楽しみにしているので否定はしない。
そしてもうひとつの楽しみは、私がセックスの悦びを
教えた『あの子』とのセックスであった……
----------------------------------------------------

まあ、仮にもホモ(ヤマジュンのはゲイというよりホモと
言ったほうがなぜかしっくり来る)の話ですので、
『あの子』というのが誰かはすぐわかりますよね。
もちろん婿。そんなのまるわかりさ、となめていたら
最後の1Pで腰を抜かしましたよ……ほんと。
2分ほど(短い)考え込んでしまいましたもの。

2種類の結論を導き出したのですが、どちらなのでしょうね…?
A『私(父親)の言っていることは真実で、
 婿はバイで義父とも関係していたが、娘はその関係を知らず、
 婿が仕方なく関係をしていると思い込ませている

B『私(父親)が本当に老人痴呆症になってしまい、
 自分をホモと思い込み、抱いて下さいと婿が言ったのは
 それを知っての演技であって、本気でホモではなかった。
 しかし婿は抱かれているうちに味をしめた


Aのほうが適切とは思うのですがどちらとも取れるんですよね…。
ご意見(あるのか?)お待ちしております。


3・『裏切り』------------------------------------------
ホモなのに部長の口利きで早苗と結婚してしまった洋二は
互いにセックスに満足できず、早苗から離婚を切り出される。
離婚したいのは山々だが出世や慰謝料の事を考えると
自分から離婚はできず、早苗が浮気してくれるのを
待つことにするが、なんとその日、妻が隣室の男と
セックスしている現場を見てしまった……
----------------------------------------------------

昼ドラ的展開+ホモの陰謀、と言ったところでしょうか。
なんと隣室の男は洋二が離婚のために仕向けさせた男なのです。
あ、ネタバレ!と思われるかもしれませんが、
さらにこの後もうひとひねりがあるのです……!

どっちかって言うとレディコミにありそうな展開ですが、
ゲイ雑誌にこれを載せたというのがもの凄いなあと。
ゲイ雑誌に載ったからと言って、ゲイが幸せになるとは
限らない、といった話も多くあるのがヤマジュンの特徴でしょうか。
というか学生が登場する作品以外は半分以上、
アンハッピーもしくはなんともいえない終わり方のような…。

20年以上も前の話なのに(絵は置いておいて)古さを
感じないのは、萌えや流行を取り入れず、すべて自分の
感性のみで構築しているからなのだと思います。
今、ヤマジュンが連載を持ったら楽しいだろうなあ。

コメディものも、本物っぽい絵柄を
気にしなければ楽しめると思います。
ネタとしても純粋に読んでも楽しめる1冊でした。


さて、なるべくネタバレなしで書いた感想ですが、
隠してきた部分を読みたい方は、データをアップしている
サイト様がありますので、本を買うまでもなく、
こちら(↓のURL)を見てみてくださいね。
(画像が重いので、表示されない場合はF5で再表示を!)

http://uraden.hp.infoseek.co.jp/mangas.html

P.S.
単行本は復刊ドットコムで300票を超えれば重版するとの事。
どうしても欲しい方はどうぞ。→【仮予約】ウホッ!!いい男たち
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |