-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2007年8月新刊購入予定リスト | main | 素晴らしき金曜の夜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『クラッシュ・アイス!』/水無月さらら(雪舟薫)
この間書いたばかりなのに、また水無月作品を書いてしまう…。
面白い(荒唐無稽を含む)話を比較的に感想に書きたくなる
傾向の人間なので、すると必然的にこの人が多くなってしまいます。

しかもこの作品は水無月さんのお墨付き。
あとがきにて曰く、
「今回のノベルズは――(略)免許ナシ医者、仁義なき人々、
ドラッグ、コールド・スリープ、年齢逆転、
キ…キンシンソウカン…(うひー!)」
チャレンジャーと自負している上で本人が「うひー」って(笑)

まあ、でも面白かったので、感想です。




『クラッシュ・アイス!』/水無月さらら
ビブロス (2004/10/16)
[Amazon]

☆あらすじ
織人(おりと)は27歳、美貌のバーテンダーにして無免許外科医。
14年前に兄と父が亡くなり、天涯孤独になった
精神的後遺症で、人を愛せなくなっていた。
しかし、亡くしたと思っていた兄・朋郎(ともろう)が、
なんとコールド・スリープされた状態で見つかったという……。

=   =   =   =   =   =

もちろんコールドスリープした兄は織人のおかげで
なんとか蘇生し、ボーイズがラブする展開になるのですが、
もうこの織人がですね、かなりいっちゃってるんです。

氷づけの兄を見て、体が熱くなってきた、求めているのは
兄の愛なのだ…と気づくのはいいのですけれども、
氷づけの兄を目の間にして自慰するなってえの(苦笑)
人形に見つめられて興奮する人間もいるくらいだから
まだ人間なだけいいけれども……明らかにヤクのやりすぎです。

ヤク作りの天才でインポテンツでブラコンで闇医者て(笑)
BLでは、金も容姿も性欲もと付加した攻めがよく登場しますが、
逆のベクトルに付加しまくった受けはあまりいない気がします。


コールドスリープさせられていた兄(自分の意識の無いうちに
瀕死の状態で入れられた)のほうもさすがに織人の兄です。

暴走族の冷血なリーダーというDQN(使い方あってる?)だった
経歴は良いとしても、現世へ意識が戻ったことへの喜びや
葛藤や苦しみよりも、先に織人への興味が湧くって、
どれほどブラコンなんだお前は、という感じです。

まあ、18歳のままだったら仕方がない気もしますが…よく自分の
年を越えた弟を見て受け入れられるな、という気がしました。
(BL的には受け入れるのは弟の方ですが。)

以上のように変なキャラが能天気に、そのままハッピーエンド☆
とはいかないのが、面白いところ。

やはり兄の体には無理が来ているようなので、原因不明の吐血や、
コールドスリープ体験者の生存率などが明らかになり、
確かにハッピーエンドではあるのに、どこか無理をして
ハッピーエンドになったかのような……、限られた時間の中での
ハッピーエンドとして、登場人物たちの心にも読み手にも、
もやっとした影を残していっているのが、良いなと。

これだけ荒唐無稽な設定ながら、軸はぶれることもなく、
「いつか失われてしまう大切なもの」として一度死なせた
朋郎を、「また失われるかもしれない存在」として使うことで、
2度も強調しているのが印象深く感じられました。
荒唐無稽ではないとは言いません(水無月さんだし言えない)が、
そんなことを感じながら読んだ一冊でした。


ただ個人的な減点箇所としては、前半の朋郎の復活に
多くページが割かれすぎて後半の見せ場が急で弱いこと、
ステキオヤジ(35歳だけど)の朋郎のチームの仲間かつ
ヤーさんの中堅幹部・相沢がもっと後半でも
出しゃばってくれてもよかったと思ったことでした。
2つ目は単なるオヤジスキーの戯れ言です。

「うひー」な設定でも重さを感じさせないのは、
痛みや暗さへ走りはしない水無月さんならでは!の
ちょいとインモラルなお話でした。

お気になりましたら探してみてくださいね。
| [BL・小説]水無月さらら | 23:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |