-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お気に入りのおお振りMAD in ニコニコ | main | 『DIVE!!』/森絵都 (2007夏 腐的感想文) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋の呪文』/吉田珠姫(ホームラン・拳)
ここ1ヶ月くらい、なんというか仕事で疲れておりまして、
シリアスや重め暗めのものは避けているせいか、
感想もどちらかというとアホアホやトンデモよりです…。

暗い話の感想を書こうと思うと、書くときに思い出して
気分が暗くなるので、無意識に避けているのでしょうかね。

さて今日もアホアホ系列の本ということは
タイトルから既にお察しのことと存じますが、
一風変わったアラブで楽しめました。
さすがたまきん!(ピジョンブラッドのせいで全然敬意がない)

それでは、以下、感想です。




『恋の呪文』/吉田珠姫
ガッシュ文庫(2007.07)
[Amazon]

(まだ表紙が表示されないかも…ホームラン・拳さんの
可愛い挿絵ですよ。買うには恥ずかしかったけど)

☆あらすじ
砂漠で超極貧生活を送るアリーは、実は魔物の血を引いていた。
魔物の従者だという黒豹との契約で、本来の姿にさせられて
仕事を依頼されるが、魔物退治を生業とする、シンという
頑強な男にやたらめったらに追い回されることに。
本来なら敵同士なのだが、アリーに流れている魔族の血の弱点、
「惚れっぽい」せいでアリーはシンに惚れてしまう。
魔人に変身したときは追い回され、人間として会うときは
冷たくされ、途方にくれるアリーだが…

*   *   *   *   *   *

BLでアラブといえば金持ち、石油王がデフォルトなのですが、
なんと今回は魔人の血を引くという、アラブという
普通に見たらトンデモな設定にさらにトンデモを付加しています。

しかしアリーが魔法を使えることで、シンを言いなりに
してしまう、といったパターンになってしまうかと
危惧した(ピジョンブラッドのトラウマ)のですが、
逆に魔族であることで忌まれてしまうことに。
そしてアリーの思考回路は真っ当な人間のものなので、
魔法でどうこうしようとはそれほど考えないのです。セーフ!

実は岩場から落ちそうになったシンを助けたりもしたのですが、
王子様を助けた人魚姫のごとくそんなことはシカトされ、
追い回される始末…少し切なさを感じさせました。
アリーが人間として会うときも冷たいけれど、
魔族に変身しても追い回されるって、嫌やなあ…。

けれどめげないアリーの奮闘振りがしっかりと
書かれていて、なんとも可愛らしくて好印象です。
そしてラストは…、まあ、ラブラブになると
いうことだけは確かですのでご心配なく。

大筋は書くのに飽きたので(おい)この辺にしておくとして、
攻めのシンが爆笑させるキャラだった点について述べます。

攻めのシンは魔物退治なんぞしているくせに、
吉田さんの神官シリーズの攻め、剛羅王にも
匹敵するほどのヘタレなのです。
変人発言はあまりないのですが、上で例に挙げたように
岩場から落ちるわ、空飛ぶじゅうたんを足で追いかけるわ、
いっつも逃げられてばっかりでなんともあわれ……、
どうしようもないヘタレ(しかもツンデレ気味)です。

魔人と匹敵するのは絶倫な性欲だけであり、
本当に魔物退治ができてたのか疑問です。

結局ラストまでアリー=追い回している魔人と気づかないし、
「キャッツアイ」の瞳と俊夫みたいで、やはりヘタレです。
場とキャラを変えた「キャッツアイ」ネタとも言えるかな?
あー笑えた、笑えた。アホアホは笑えなくちゃね!

他にもオネエ言葉がうっとおしい黒豹や、かませ犬の割に
異常に存在感のある上級魔人など、濃い面々がお出迎えの
アラブ版変身もの……そんなアホアホなストーリーが
読みたいときはどうぞ〜。

P.S.ホームラン・拳さんの挿絵はアタリ役(?)でした!
| [BL・小説]吉田珠姫 | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |