-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『DIVE!!』/森絵都 (2007夏 腐的感想文) | main | 『グッドナイト』/鳥人ヒロミ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『キャラメルビターの恋人』/うえだ真由(麻々原絵里依)
腐男子アンケート、締め切りました〜。
450を超える腐の皆様のご回答に感謝です!
集計結果は可能であれば今週末に発表したいと思います。

それにしても暑いですねえ…。
この季節になるとアイスコーヒーが美味しい季節。
特に仕事中に抜け出してカフェでサボって行くと、
たまりませんね。(もちろんたまによ、たまにですことよ)
この小説に出てくるようなカフェがあったらさらに
幸せだろうなあ。絶対に入り浸っちゃいます。

だからってわけじゃないですけれども、
このお話、なかなか好きでした。



『キャラメルビターの恋人』/うえだ真由
幻冬舎 (2006/11)
[Amazon]



あらすじ
インテリアデザイナーの今成和真(いまなりかずま)が、
亡くなった父の残した古びた喫茶店を訪ねると、
そこには浅葉律(あさばりつ)という男が働いていた。
採算も取れるか不明で、また父との確執もあり、
店を売りたい和真だが、律は店を閉めたくないと主張する。
しかも昔の男からもらった慰謝料を店の運転資金に、
と言い出す始末。説得するためと業績を見るために
律のもとを訪れるうちに店を手伝うようになった和真は、
謎めいた律に次第に心惹れるが…。

■   □   ■   □   ■   □

1行でまとめてしまえば、治りきっていない律の
過去の傷が、誠実な和真に癒されるお話。
地味だけれどうえださんらしく細やかでした。

特に、律の傷つき具合がいいバランス。
律は口では未練もないし後悔もないとも言いますが、
けれど、昔の男に律との付き合いは恋ではなくて
遊び、と思われていたことはやはり古くても傷は傷。
なによりお金でかたをつけられたのは痛いことでしょう。

それは、昔の男との思い出がある店に店員として居られるけれど、
(もちろん店の雰囲気が好きなのもあるが)過去を振り切れずに
そこを離れることもできないことから程度がわかります。
古傷でも、完全には癒えない…その感じがよく伝わりました。

そんな古傷を抱えていた律を解放したのは誠実な和真。
誠実誠実って言いましたけれど、いや、ほんと和真はいい男ですよ。
頑なな律の裏にある古傷に気づき、さらにえぐってしまう
ミスもしてしまいますが、誠実に対応しようと心を砕くのです。

本人は、こんな誠実な気持ちになったのははじめてと
言ってますが、惚れてたってできないことですぞ。
あまりにも前の男がひどかったせいで比較で
よりいいやつに見えるのかもしれませんけれど…。

そう、うえださんの小説には地味に嫌なやつがいますが、
律の昔の男はほんとにいやなやつでした。
不倫の上に金でカタをつけようなんざ…!
私だったら金もらった上で匿名で妻に知らせて、
今の遊んでいる相手にもその件を教えて、
きっと旅行のときも経費とかで落とすタイプだから
その件も職場に知らせてしまいますね。(い、陰湿ですか?)

で、最後に律と昔の男との決別があるのですが、
律のツキンと痛む思い出が辛いながらも、
律と和真でやな男を追っ払うのが快感でした。

はじめは昔の男と同じタバコを吸っている和真を
嫌いと言った=まだ昔の男を引きずっていたのと、
ラストの禁煙した和真のタバコの味のしないキス、の
対比がわかりやすくて象徴的だったかな……。
(読んだ人にしかわかりませんね。すみません)


ちょっと和真の動機が弱いけれど、肩肘をはっている
強情な子の弱い一面ってそそるものですもんね……。
なんか幸せそーなカップルになりそうで良いなあ。
こんなカフェあったらやっぱり行きたい。
BLを読みながら、コーヒーブレイク!

地味めな話ですが、のんびり読みたいときにオススメです。
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |