-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『キャラメルビターの恋人』/うえだ真由(麻々原絵里依) | main | 『腐男子アンケート』結果発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『グッドナイト』/鳥人ヒロミ
ディアプラスなどのソフト路線を除き、BLにおいて
エロは必須とも言えるもの。そんな風潮だけに
エロシーンでエロいのはもはや当たり前であって、
それ以外でも色気を感じさせる作家が突出する気がします。

そんな作家に当てはまると思っているのが、
寿たらこさんや紺野けい子さん、そして、
今日の感想の鳥人ヒロミさんです。
どこがエロいとは言えないんですが、体つきや
所作がエロいと思うんですよね…。(言うとるやん)

そして自分の好みのシチュエーションと来た日には!
リバ大好き党の皆さん、リバ発動ですよー!

以下、感想です。




『グッドナイト』/鳥人ヒロミ
芳文社 (2007/7)

[Amazon]


☆あらすじ
幼なじみの龍郎(タツロー)がゲイで、密かに自分を好きだと
知った菊政(きくまさ)の驚きは大きかった。
流れでなぜか二人きりの京都旅行にやってきた「初夜」。
はたして菊政は龍郎を抱くのか、抱けるのか…。
移りゆく多感な時期に訪れる予想外の恋。(:グッドナイト)
他、華族の秘められた愛憎劇など色とりどりの傑作短編集。

*   *   *   *   *

あらすじにもあるとおり、傑作短編集です。
「愛執」漂った明治時代の華族のお話、
IT企業の社長と同僚(幼なじみ)のコミカルなお話、
南国で媚薬を手に入れるための王子のシニカルなお話……、
いつもどおり、誰かしらが痛みやゆがみを抱えながらも
それをも含めて愛するということを巧みに描いています。

その中では平凡ともとられるようなお話である、
表題作『グッドナイト』がもうドツボで、
これだけでどんぶり3杯いけちゃいましてよ。


最近のBL事情として、男同士の関係にそれほど葛藤しない
傾向があるかと思いますが、それは本物のゲイそのものが
広く認知され、男同士が抑圧されたものや病的なものでは
ないということが伝播した時流のせいだと思います。

だからと言っても、やっぱり、ゲイとノンケの男には
深い溝があり、当事者になると途端に忌避するものです。
(男同士の会話でホモネタになるとそれが顕著……はあ。)

友人がゲイであることがわかった菊政の間の取り方や
動揺ぶりがいやに既視感のある、というか実体験で
見たことがあるアクションそのものなのです。

特に大きく頷いてしまったのが、宿に向かう途中の
電車の中で、気詰まる空気の中での会話シーン。

菊政:「な なあ おまえってどっちなの?」
龍郎:「何が」
菊政:「アレん時」

言われたことあるある(苦笑)。
そんなこと知ってどうすんねん、とその時は思ったのですが、
ふーむ、相手も場を保とうと必死だったのか……。
性癖だけの問題じゃありませんが、人の別の一面を見ると
驚いてしまってつい失礼な質問をしてしまいがち。
それが見事にリアリティをもって描かれています。

さすがにその後の展開(ラブラブ)は「あるある」とは
言えませんでしたが、前半の引き込みが凄くて、
そのままこんなことがあったら良いなあ!と
ドリームにインできそうな感じです…良いわあ。
現実と妄想のつなぎ方がとてもステキでした。


さて…、序文でリバについて語っただけに、
これについても書かねばなりませんね。

そもそも龍郎は攻めよりのリバで、はじめは
菊ちゃんを逃さないために従順な受けに回るのですが、
菊ちゃんが見事みこすり半(笑)でいってしまった為、
不満が募って誘い受けに切り替わり、
もうこの時点で既に龍郎の気持ちは攻め!

そして最後に収録された後日談では、予感していたとおり、
ついに龍郎が攻めに回るシーンが…!
肝心のシーンは朝チュンレベルなんですけれども、
ゲイだからと性的な話に加わらなかった龍郎が
実は性欲満々でいかにも攻め顔である菊ちゃんを
攻めたおすシーンの想像は我らには難くない…!
なんて美味しいのでしょう!美味でございます〜!!

…萌えすぎてカフェ○レライターのマル○さんで言うところの
ボーイズラビングハイになってしまいましたね。失礼。


てなわけで、リアリティも、ドリームも、リバも、
もちろん他の秀逸な作品も収められたこの短編集。
それほど濃くなくても湧き立つような鳥人さんの
エロスを感じたい方にぜひオススメの一冊です。
| [BL・コミック]鳥人ヒロミ | 23:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |